FC2ブログ

アナスタシア ー猫の家族探しー

里親さん探しの猫たちの紹介と幸せな子たちの近況ブログです。

アナスタシアの本棚

Marshmallow

うさぎ大好きさんから ご紹介いただいた 素敵な絵本 

Marshmallow
(2010/02/01)
Clare Turlay Newberry

商品詳細を見る



こねこのミトン (講談社の翻訳絵本クラシックセレクション)

こねこのミトン (講談社の翻訳絵本クラシックセレクション)
(2000/11)
クレア・ターレー ニューベリー

商品細を見る

   うさぎ大好きさんからご紹介いただいた 私も大好きな本

  猫にめぐり合うと「ミトン」ってあうかな と必ず考えます 





のだままさんの大好きな 絵本

 

生涯仲良く幸せに

それが永遠ということかも




くまとやまねこくまとやまねこ
(2008/04/17)
湯本 香樹実

商品詳細を見る


風太を迎えてくださったまあちゃんにおすすめいただきました

<作者のコメントより>

この『くまとやまねこ』は、ずいぶん長い時間をかけてできあがった絵本なのですが、

できあがった今、時間をかけたかいがあったなあと心から思えるし、

この絵本で私が書きたかったことも、やっぱり「時間」なのだな、とあらためて感じています。

身近な人が亡くなることも含めて、大事な何かを失うというのは、自分自身の一部が死ぬことと等しい。

死んだ自分を抱えている間は、時間が止まってしまったようにも思えるけれど、

時間は実はきちんと流れていて、なにもしていないように見える人にも、深い変化をもたらしているのではないでしょうか。

この絵本のなかのくまが、悲しみに閉じこもり、でもやがて外に出かけていったように、

必ず死んでしまった自分自身の一部も、またよみがえる時がくるんだという、

そういう時間というものへの深い信頼と感謝の念が、私にこの小さな物語を書かせてくれたのだと思います。


酒井駒子さんの素晴らしい絵によって、くまやことりややまねこや、命あるものすべてに流れる時の一刻一刻が、

一頁一頁、このうえなくいとおしいものとして描き留められました。お読みいただけましたら幸いです。

 

関連記事

 譲渡会&犬&おしらせ

2 Comments

うさぎ大好き  

うわ! 朝、気が付きませんでした。

私も好きな絵本ばかりで感激です!
酒井駒子さんの「よるくま」も可愛くて大好きです。

ちゅうさん、ありがとうございます。
また、素敵な絵本をいろいろ紹介して下さい。

2009/12/11 (Fri) 14:13 | REPLY |   

L  

what's マイケルを読まにゃいとダメニャ!
L の本棚にありますので、今度ハロハロキティーショーに
お越しの際にご堪能くださいませ。

2009/12/12 (Sat) 19:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment