FC2ブログ

アナスタシア ー猫の家族探しー

里親さん探しの猫たちの紹介と幸せな子たちの近況ブログです。

猫を探しています

middle_1232697810.jpg

1歳の カール君

middle_1232695316.jpg

まだ4ヶ月の妹ジェリちゃん



猫の樹さんが 昨年12月に譲渡した2猫が

行方不明になっています。

千葉県市川市のマンションに迎えていただきましたが、

このマンションから逃げだしたのか、それとも他の場所で逃がされたのか

迎えた方が音信普通になっているので、わかりません。

付近にはポスターを貼り、ポスティングなどしております。

地元ボランティアさんとも協力しています。



この譲渡相手は、いつでも里親募集で要注意人物H.Yとして掲載していただきました。

短期間に何匹も集めていることが、わかってきました。

関西で裁判になったMKによく似ています。


カール君、ジェリちゃんを探すのが一番ですが

H.Yとの法的交渉も進めています。

同じように猫を譲渡している方がすぐに見つかったということからも

この人物の異常さがわかります。

千葉、東京方面の方ご注意お願い致します。

猫里親詐欺を告訴 MKの民事裁判 ある一例

<民事訴訟・第5回裁判のご報告>
  2006年4月12日(水)午後1時30分開廷
 出席:原告ら4名、 原告ら代理人(弁護士)2名、 傍聴人:約32名 被告MK

●当日被告MKは、第2回裁判から要求されていた原告らの猫の写真であるとして、
 写真10カットをようやく提出した。また新たに陳述書を提出した。

●尋問は被告MKから、宣誓をして始まった。

●裁判官の「平成16年9月から11月当時何匹飼っていたか、どこから貰ったか」との尋問に、
 被告MKは「猫は里親活動をしている人だけでなく、ペットショップや家で生ませた人などから
計30 ~40匹譲り受けた」と答えた。
理由は「猫に囲まれた生活がしたかったため」で、
今は「20匹をマンションの1階と30平米程の庭で、室内外出入り自由で飼っている」と発言した。


●避妊手術を約束した4人の原告の猫(9匹)については、
知人に頼んで動物病院で手術をした。
自分は直接動物病院へは行っていない、と答えた。

●裁判当日に被告は陳述書を提出したがその中で、
原告らが被告MKの実名・住所・連絡先・写真などをHPで不特定の第三者に公表したと非難し、
この事実が、裁判という公の場になるまで被告に不安感を持たせ、
それが話し合いを困難にした理由である、と述べていた。

●その証拠資料として被告MKは、提訴・告訴情報を掲載した当サイトをプリントしたもの、
その他を提出した。
しかしこの事件は大手新聞すべてで報道されており、署名のご協力を呼びかけ、
被害者の新たな発見を期してサイトを立ち上げたのは、提訴から2週間後のことである。

●被告MKの弁解は辻褄が合わない。

そもそも提訴したのは被告MKが話し合いに応じず、
内容証明郵便の受け取りさえ拒否し返送されてきた(`04.12.29 および`05.3.1の2回)ためであり、
引越し後は住所も不明である。
残された手段は裁判しかなかった。
また被告MKの実名を知ったのは今回の尋問において初めてであり、
猫たちが飼育されているという住所については未だに明らかにされていない。

●15分の休憩を挟んで原告の尋問に入った。

●原告は、裁判官、弁護士の尋問に従い里親活動に入ったキッカケから始めて、
被告MKを信じて猫を渡した様子を述べた。
渡した翌日から被告MKは忙しいの一点張りで、
原告が5分でも玄関先でもいいから猫に会わしてくれるよう懇願しても駄目だったこと。
被告MKのことが噂になり情報を集めたところ、自分には忙しいと訪問を拒否しながら、
他の人から次々と猫を集めていたことが判ったこと。
猫を幸せにしようとした結果がこうなり猫に申し訳ない。
猫たちを返して欲しいと、繰り返し涙ぐみながら訴えた。
傍聴席の人達も目を押さえていた。

●裁判官が、提出された猫の写真であなたの猫かどうかわかりますか、と訊いた。
原告は白い猫ならどこにでもいる。
特徴のある尻尾も写っていないのでこの写真では判らない、と答えた。

●裁判官が被告MKに対して「もう一度、撮影者と撮影日を明確にし、
猫の特徴のわかる写真をそれぞれ2~3枚ずつと、飼育状況がつぶさに判る写真とを、
6月2日迄に提出するよう」求めた。
関連記事

 猫の樹さんより

10 Comments

ゆーめく  

こんにちは。。。
カールくんとジェリちゃん、無事でいるといいですね。
私のブログはボランティアの方にも見ていただいているので、
記事のリンクを貼らせてくださいね。

2009/01/25 (Sun) 17:05 | REPLY |   

もっぷのまま  

MKの事件だけでも心が痛かったのに、関東でも同じような事が起きたとは驚きです。

カールくん・ジュリちゃん兄妹の他にも犠牲になった猫さんも
いるんですか
一日も早く元気な姿で見つかる事を祈ってます

2009/01/25 (Sun) 17:41 | EDIT | REPLY |   

てっちゃん  

・・・・

・・・世の中にはこういう人間がいるんですね・・・
ネコを保護してきて、ほいほい人にあげればいいというのではないのは、こういうことなのですね。。。
日本にも米国のような動物警察または動物局ができたら、いいのですが。民間人同士だと、問題の家に立ち入り検査するわけにもいきませんし、その後の逆恨みてきトラブルも怖いですしね。ペット税導入を検討している政治家もいるようですが、つまらない公共広告などに何千万円も使って終わりにするのではなく、具体的なことを考えて欲しいものです。川原の惨殺事件だって、防げたかもしれないのに。そういうことに有効に使ってくれるならば、喜んで私もペット税を払いたいと思うのに。

2009/01/25 (Sun) 20:36 | EDIT | REPLY |   

ちゅう  

◆ゆーめくさん ありがとうございます。
 しばらくは里親さんを悪く考えることはやめようと思っていましたが、調べれば調べるほど、軽率な行為としか思えません。リンクありがとうございます。

◆もままさん
 まだ行方不明で、それを前向きにとらえ、必ず帰ってくると
 信じて探しています
 同じ被害にあわないよう、どうぞお仲間に注意してあげてく ださい。

◆てっちゃん
 ほんとうに。プライバシーがネックになります。
 猫でも犬でも、動物の不幸(今回はこの言葉が適切だと思い ます)は 無邪気すぎる人間の命の軽視です。

 保護した人間の気持ちを考えてくれとはいいません。
 願うのは保護した猫たちの安全と穏やかな生活だけなのに。
  
 税収入のためのペット税、動物の安全のために使えるような
 政治家がいるのかどうか・・
 なんて気持ちになってしまいますが、とにかくできることを しなければですね。

2009/01/26 (Mon) 00:51 | EDIT | REPLY |   

マク  

こんにちは、はじめまして。
ゆーめくさん のところから来て知りました。
なんとも心配ですね、
私のところでも、少しでもお力になりたいのでリンク貼らせて下さいませ。
よろしくお願いします。

2009/01/27 (Tue) 02:06 | REPLY |   

タラ  

ゆーめくさんの所からきました。
ひどいです!怒りとショックでいっぱいです。。
見つかることを心から祈っています。
勝手ながら、リンクも貼らせていただきました。
少しでも多くの方に知ってもらえれば・・・

2009/01/27 (Tue) 22:36 | REPLY |   

ぷんちゃんママ  

はじめまして。
ゆーめくさんのところから来ました。
私にも出来ること・・リンク貼りました。
早く見つかることを願っています。

2009/01/28 (Wed) 04:07 | REPLY |   

ちゅう  

◆マク様
 ご訪問ありがとうございます。
 リンクありがとうございます。
 なによりの力になります。
 まだはっきりとしたご報告はできませんが、二度とこのようなことのできないよう、尽力していきたいと思います。

なにより、この子たちが無事でいることを願わずにはいられません。

◆タラ様 
 ご訪問とリンクありがとうございます。
 こうして猫を大事に思う方々の力が
 猫を救う力に繋がると信じ猫の樹さんもがんばっています。
 ありがとうございます。

◆ぶんちゃんママさん
 ありがとうございます。
 猫の樹さんは仕事が手に付かない状況、体も壊してしまうほどですががんばっています。
 リンクしていただき、皆様が注意してくださること、なによりの力になります。ありがとうございます。

2009/01/29 (Thu) 23:42 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/03/05 (Fri) 13:38 | REPLY |   

ちゅう*  

◆鍵コメ様

感謝申し上げます。

先程メールをさせていただきました。
引き続きよろしくお願いいたします。

2010/03/05 (Fri) 17:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment