アナスタシア ー猫の家族探しー

東京都足立区を拠点に飼い主のいない猫の避妊去勢手術と里親さん探しをしています。

ちびちゃんの(崩壊家32)通院 と 避妊手術のすすめ

春一番で 里親会は中止です。 来週お待ちしていますね。

12日は夜 捕獲。
女の子だと思ってた子が 実は小柄な男の子だった。
ほっとした。
これで、このエリアはあと1頭の♂のみ。(流入なければ)
Sさんとすこし休もうって。
休めない時期だけど。

ちび 風邪

ごはんを催促し、キッチンでレンジの前にたてば
うしろから服をひっぱるようなちびが
おこたの中に入ったままだったので
風邪かもと通院。
注射2本と点滴(腎不全なので)
帰ってくると元気なちびに。 このヒトはいつも膝の上なので撮り難い。

ミーバーちゃんの調子がいいですねとハリポタ先生に言ったら
資料を見せてくれた。

アメリカでは、猫の乳腺腫瘍が減り、資料が作れないほどだと。
ほとんどの猫が避妊手術されていて、乳腺腫瘍にならない。
6ヶ月以内の避妊手術で、乳腺腫瘍は91%未然に防げるという資料。

3cmになってしまうと余命半年と言われている。
避妊手術をしておけば、お互いにつらい思いをしなくてすむんだよ。

腎不全は歯を守ることで防ぐ、発症を遅らせることができる。
大事にしようね。

**************
【Pit Bull Flower Power】フランス人フォトグラファーのプロジェクト
センター収容犬の花と一緒の写真で 
里親さんが決まっているという話。
毛並みと花の色がとても美しい。
こちら
関連記事

 足立区55頭崩壊レスキュー猫

0 Comments

Leave a comment