アナスタシア ー猫の里親さん探しー

東京から猫の里親さん探しとTNR

海鮮えびちゃんの近況 (アナスタにて部屋替)

DSC04065.jpg

気温が下がると
猫と人との距離は 格段に近くなるのはほんと。

あったか猫ベッドがあるけれど
えびちゃんは、最近人の背中にかなり近づいて
お尻がくっつく?くらい

手を出すと逃げる子だけど
撫でてもいいよ、なんてなってきて。

DSC04070_20151211130636b84.jpg

膝の上には
ファーファ



DSC04057.jpg

ファーファは幸せになってもらえると出発したけれど
それは1年続いてたけれど
1年後に戻してもらった。
もうずいぶん前のような気がするね。

DSC04058.jpg

ファーファの使ってるひざ掛けは
ヨーカドーで季節の終わりにセールしてる発熱毛布。
この威力すばらしくて、ほっかほか。
みんなここにもぐる。
2年連続買えたんだけど、今年はつくってないみたい。
残念。

fc2blog_20150822090119168_20151211131755ca4.jpg



**さだ坊咲ちゃんは戻ってきてアナスタにいます。
(画像は mii's mumのおうちね)

mii's mumさんにお世話になったのに。


戻ってきてトイレ一度も問題なし。
一ヶ月近くたつんだけど
いろんなものを くわえて陣地に運んでない。
どうしてか、なんとなくわかるけれど。
関連記事

 祝海鮮えびちゃん(2015/3/~20116/5)

5 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/11 (Fri) 17:24 | REPLY |   

ちゅう*  

Re: 鍵米さま

はじめまして

さだ坊咲ちゃんにお気持ちを寄せてくださっていたのですね。
ありがとうございます。

咲に限らず、保護している猫たちが 
新しいご家族の元に出発した時
たった1ヶ月で変わることはありません。
非常に努力している期間と思います。

それを通り過ぎて、あの頃はきつかったね、と話し合える関係に
なってほしいといつも願っています。


猫たちは新しい生活習慣を体の中に一度ため、
ゆっくり消化して順応して
家族の一員になっていくように思います。

また飼い主を試していることもあるかもしれません。
ぼくがこんなことしてるけど
愛してる?捨てない?ずっと笑っててくれる?とか。
ま、そんなこと咲は思わないけど^^

新しいおうちにいくと、風邪を引いたり、めやにが出たり、
おなかがゆるくなったり、食べなかったり、そういうことがありますね。
環境適応のひとつの段階と言われてますが、それだけでなく
さまざまなことがあるのです。

猫たちは
慣れた環境からがんばってあたらしいところになじもうとします。
それを見守ってほしい、自分たちの生活に合わせることを急がないでほしい。
と願っています。

私たちはできるだけ猫たちの習慣を変えずに暮らせるご家族の元に送り出すようにしています。

それでもすぐに変えてほしいという気持ちが里親さんにあり、
実際に人のスピードで変えていこうとすると
私たちに想定していない思わぬことが出てきてしまいます。
でも猫のせいではありません。戸惑っているだけです。

それを結果、しぐさ、行動だけを見て
猫の環境順応能力不足とかできない性質、と思ってほしくありません。

猫の幸せを願うなら、ゆっくり見守るってほしい。

とにかく一番いいたかったのは
咲のせいではまったくないことです。

幸せになれるよう、今の環境でも幸せであるようがんばります。


2015/12/14 (Mon) 16:34 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/20 (Sun) 22:06 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/20 (Sun) 22:18 | REPLY |   

ちゅう*  

Re: 鍵米様

こんにちは

2頭めの合流については、私、保護主が適当だったせいです(笑)
かえって申し訳ないとずいぶん思いました。
普通は保護主がきちんとリードして、人も猫も苦労のないようにします。

そういうことでは、
保護者の「なれ」も必要かなと思います。
2頭目を迎える時は団体でも個人でも
きちんとアドバイスできるところからがいいと思います。
自戒を込めて。

なれ、っていうことでは
無責任な餌やりをどうとらえるのか
慣れないとわからないこともあるかも。
捕獲や保護、TNR未経験の人も
自分にできることを、ということで
猫にごはんをあげている人をみると注意するんですね
それもどうなのかなあと。
状況わからないのにね

社会の中で、地域の中で生きるしかない猫は 減らないんだから、
ボランティアのような人を 増やしていくしかないわけで(TNR,地域猫、責任ある餌やり)
人を育てたいと思うようになりました。

ただごはんやるな、TNRしろ、じゃね
前に進まないよね。と思う今日この頃ですのだ。


こうしたほうがいよ、TNRなら協力できるよ
費用も折半しましょう、くらい、自分の通勤途中、住んでる場所なら
そのくらい言ってほしい。

東京防災持ってないの(笑)そうですよね、東京だしね
うち2冊ありますが いる?
ほんとよくできてる、ああいうのは、最後まで読まない私ですが
最後まで一気に読みました
イラストもかわいいしね、
ああいうのが、ほんと、猫世界にもほしいと思いましたもの。

長くなってしまった。

2015/12/21 (Mon) 15:07 | REPLY |   

Leave a comment