Welcome to my blog

アナスタシア ー猫の里親さん探しー

Article page

  咲

DSC09878_20151022101857899.jpg

SAKU 
去年の9月8日のさだ坊
何度も見てくださった画像です。
この絵を見るたびに59頭を思い出し、
さだ坊に申しわけないと思っていた日が
蘇ります。

トライアルなど思ってもいない
迎える前から うちのこですもの、と言ってくださっていた
Oさんご家族から
正式ご家族のお知らせを頂戴しました

一緒にくらすN君も 幼すぎる時に
ママから離されてしまった子

もしかしたら咲を待っててくれたのかもしれないと





mii's mumさんが 預かりの日記を更新してくれましたので
咲のこと 読んでください


mii's mum さんのことちょっと紹介させてください


1頭目のレスキュー預かり猫、じゃがりこがステイしている間に
大事なチワワさんの傑君が重篤な状態になり
酸素室をレンタルしながらの看病の中
じゃがりこを出発させてくれました。

その後
行き場のない迎えるのに躊躇してる人がいるだろう
チワワの誉ちゃんを迎えてくださり
今、彼女の心身ケアを
たぶん楽しんでしている日々です。

猫のミーさまとボルト君が
じゃがりこと咲のお世話をしてくれました
彼らのストレスは大きかったと思います。

保護、預かりをすることは
自分の猫にストレスをかけること
日常の変化を嫌う猫ですから。

でも、救うと決めたら
人と暮らす猫になれるよう、努力をおしまず
猫が楽しんでくれるよう 
そして人も楽しめる暮らしをしてくれました。

保護する、預かるってどういうことをすることなのか
心でわかってくださっている方

mii's mumさんと出会えて
目が覚めた時が多々ありました。
マイナスを取り込まない
つくらない、
喜びで心を満たす。

・・・うまくいえないけど(笑)

ミーちゃん、ボルト君、ほまほまさん、
ほんとうにお世話になりました。
体調を崩されたこともあったでしょう。
ほんとうにありがとう

しばらく家族水入らずで暮らしてください。
あなたたちが健康で長生きして
笑ってくらしてくれることが
ルナトン、tana, ちゅうの願いです。

こころから ありがとうございました。

メゾン de つぶれ顔


 ★余分なことかもしれませんが
 傑君と誉ちゃんがいた団体さんです。

 救ってくださる人を待っている犬たちがいます。
 忙しくて更新ままならずだそうですが
 気にとめてくださいますよう。
 ★アニマルプロテクション

読んで賛同してくださったら
カレンダー購入もご検討お願いしますー

関連記事

Category - 足立区55頭崩壊レスキュー猫

0 Comments

Post a comment