アナスタシア ー猫の家族探しー

東京都足立区を拠点に飼い主のいない猫の避妊去勢手術と里親さん探しをしています。

レオナの新生活(ウタちゃんの画像追加 9/9)

image28129 (1) 

レオナがEさんのおうちにお迎えいただいて
1ヶ月  この画像はEさんの家族になったレオナです。

枕元で鼻音ズーズーだし
なみだ目になるし
エイズキャリアだけどという事をおはなしして
お迎えいただいた。

崩壊家のレオナ
この頃からの鼻炎がうちにきても治らなかった。

DSC02301.jpg
DSC02300.jpg
DSC02647.jpg


うちでのレオナは母性を発揮してくれた。
多くの仲間とお別れがあり、
かわいがってくれたマスクとのお別れは
見ていてとてもつらかった。
やせていくマスクをずっとそばで見守ってくれて・・

DSC04243.jpg DSC06613_2015090812285296d.jpg 

いつまでもいつまでも
顔をなめ続けてくれたレオナ。
灯火が消えかかってきても 消えても
ずっとそばについててくれたレオナ

絶対に必ずレオナこそ幸せになってほしいと願いながらも
ひとりになって不調にならないかと
いろいろな心配がよぎっていた。

そして7月末に迎えていただくことになったレオナは
ちゅうの思いから解き放たれた。

姓名判断でつけてくれたお名前。

【謡夏華(ウタ ナツカ)】ちゃんに。

辛く厳しかった彼女の人生(猫生)が今後幸福なものであるようにと。
これからレオナはウタちゃんと呼ばれて幸せに生きていく。

幸せな今のウタちゃんを見てあげてください。

securedownload.jpg 

Eさんが帰ってくると、小さなこどものようについて周り
一緒にねこじゃらしで遊んで
一緒に眠る。



image (9) 

securedownload (2) 


image_c.jpg image_b.jpg image_d (1) 
お迎えいただいてから
投薬や目薬も続けていただいて。
鼻ズーズーが収まるとなみだ目になっての繰り返しや
ごはんを吐いたり、
ドライを残したり
なんとなくの不安もあったりしたけれど
左目はいつもしょぼしょぼだけど

「ウタちゃんは甘えん坊で、たまにいたずらもしますが
一緒に過ごしていると時間を忘れてしまいます。
お留守番の後はたくさんお話しをしてくれたり、
家にいると付いて歩いてきたりと小さい子供のようですね。
これから先楽しいことばかりではないかと思いますが
ウタちゃんと一緒に頑張って行けたら・・・と。」と。

ウタちゃん、
健康で健康で健康でいてね。
いっぱい食べてね。
ずっと元気でいてね。

Eさん いつでもフォローできますので
ウタちゃんをよろしくお願いいたします。


securedownload (1) 




関連記事

 足立区55頭崩壊レスキュー猫

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/08 (Tue) 14:01 | REPLY |   

ちゅう*  

Re: 鍵コメ様

ありがとうございます。

迎えてくださった方に心配や不安がないようにと思っていますが
それも一緒に乗り越えてくださる方にお願いできて
ウタも幸せです。

2015/09/09 (Wed) 01:25 | REPLY |   

Leave a comment