アナスタシア ー猫の里親さん探しー

東京から猫の里親さん探しとTNR

【足立区55頭崩壊レスキュー】 ミーバーの預かりさん里親さん募集

DSC01260.jpg 

 あの家に入ってすぐの頃は
ミーバーは玄関脇の積み重なった箱の中にいました。
暗い廊下の下駄箱の上が居場所でした。

あの家の1F廊下(といっても2mくらい)は
その頃は地獄のようでした。

今 ルナトンさんの家にいる つぐみちゃんは 
噛まれて下半身不随で横たわっていました。


お手伝いに来てくれたFさんが
泣きながらルナトンさんとお風呂にいれてくれた
ちゃー坊は tanaさんがつれて帰ってくれましたが
亡くなりました。
下痢まみれでもそのままにされていたちゃー坊
最後にきれいになれた。。。

そこにいたのがミーバーです。
自分を守るのに、靴箱の中に入って固まっていた毎日。

DSC01248.jpg 
今は2Fにいます。

それでも 多くの猫の中に溶け込めないので
ケージの1段目のはしっこ、押入れの掃除機の後ろ、
そういう目立たないところに自分を押し込んで
生きています。

ごはんのお皿は 目の前に持って行きます。
カルカンパウチなら一袋、ぺろっと食べてくれます。

ブラッシングも大好き。
柔らかな毛並みと体を私たちにゆだねます。

DSC01258-tile.jpg 

この子も出します。

あんな目にあってきたミーバーに
あたたかな日差しの中で
ふっくらしたお座布団の上で
ひなたぼっこさせてあげたい。
がんばって生きてきた子にあたたかな愛情を
からだじゅうに感じて欲しい。

崩壊家にいたから このくらいの環境でいいんじゃない、じゃなくて
だからこそ
だからこそ、最高の、最上の幸せをと思って下される方と
必ずめぐり会えると信じています。

ミーバーの里親さん 預かりさん 募集します。

よろしくお願いいたします。


ルナトン tana  ちゅう







関連記事

 足立区55頭崩壊レスキュー猫

2 Comments

きむきむ  

気づかなかったです…

去年の大掃除の日、一Fにいたミーバーに、私、気づかなかった。
家主にはらわた煮えてたあの日。ルナトンさんたちの抑えた態度に頭が冷え、家の中に入って、最初に目があったのはちゃーちゃん。見上げた純粋な眼差しは忘れられない…。
ミーバー、あそこにいたんですね。ひっそりと…静かに。全然、気づかなかった。ミーバー、ごめんね。私もいろんな人に声をかけて、ミーバーを迎えてくれる人を探すからね。

2015/08/25 (Tue) 20:41 | REPLY |   

ちゅう*  

Re: 気づかなかったです…

あの日は あそこにいたかどうか私もわからない
もっと奥に逃げちゃってたかも。

ちゃーちゃんの瞳を見ちゃってたんですね。さぞきつかったでしょう。。

私たちもきむきむさんとFさんの涙は忘れられません。
泣きながら掃除してくれたあの暑い夜中。

ミーバーは 小さな幸せを体中で感じるだろうと。
震えるほどの幸せを感じさせてやりたいと。
無理しないで、でもお声がけよろしくお願いします。

2015/08/26 (Wed) 00:15 | REPLY |   

Leave a comment