アナスタシア ー猫の里親さん探しー

東京から猫の里親さん探しとTNR

アメショMIX アビゲイルの里親さん募集


【アビゲイル  里親さん 募集猫です】







DSC05494_2015031807541244e.jpg
仮名:アビゲイル
年齢:6才~8才(推定)
性別:女の子
健康:Felv FIV 共に陰性  
   フロントラインプラス済
   検便済
   生化学検査は異常なし
   避妊手術
   抜歯手術
   外耳炎 時折再発
   トイレしつけ済 
   3種ワクチン接種


知人のボランティアAさんTNRのために通った場所にいました。
多くの猫がいるエリアだったため3年通ったそうです

何度も捕獲を試みたものの いつも 遠くから見ている猫。
賢いアメショちゃんと評判の猫だったそうです。
それがアビちゃんです

交通の激しい道路沿いの空き地、 近くのアパートの住人が餌をまくために猫が増え、
多くの猫が交通事故で命を失ったり、重傷を負っていた場所でした。


Aさんが通りかかり ごはんをあげながら、不妊手術をしたり里親さん探しをはじめました。

アビちゃんは子供のそばを決して離れなかったため、捕獲器に入ることはありませんでした

多くの猫たちのTNRがすみ、散らばったりいなくなったりしながらアビは残りました

その時既にそこで5年は生きていたのでは・・とAさんは言います。
路上は猫にとって厳しい場所です。

そこで5年も生き抜いた子は ずばぬけて賢いです。

DSC05495_20150318080756e1d.jpg 


2013年春、アビゲイルはまた出産しました。

が、今度は仔猫が育たなかったようです。

母性の強い アビゲイルは 子どもと常に一緒、
体をはって子ども達をしっかり育てていたそうです。

なのに、今回はなにがあったのか・・よくないことしか考えられません。

守るものがなく、たったひとり、空虚な心を抱え、アビゲイルは保護されました。


DSC05503_2015031808125743c.jpg 


餌やり3年半かけて、やっと保護した 最後の1頭でした。


出産は、すればするだけ母胎を蝕みます。
命を生み出すということは、動物にとっても大変な仕事です。

にもかかわらず食欲旺盛、内臓にも支障がないアビゲイル、
アビちゃんの体には底力があったと思えます。


DSC05506_20150318081522d46.jpg 


捕獲、保護できたものの、ケージに入ったこともないアビちゃんは
環境の激変で凶暴に・・、


しかし、戻すこともできない、ということで 私が預かりました。

DSC04864_20150318081727571.jpg 


最初は トイレ掃除もおっかなびっくりでした。

人間への恐怖心が、ウーシャーに現れていました。
だからこそ虐待の場所で生き延びることができたのですが。


DSC04877_201503180818269c0.jpg 

それが今では、ブラッシング所望ですりすり、
おでこやおしり、首まわり、たいていのとこは撫で放題です。

横になると足の間にちょこん、いや、どっしり陣取り。

ないた声は聞いたことがありません。
我慢して生きてきたせいかもしれません・・

私が座ると、ちょこんと前足を膝に乗せてくつろいでくれます。
人の愛を理解する力があります。
すぐになじまなくても時間をかければ解り合える子です。


戻すことも視野にあったので
耳カットが入っています。


2014年 食べにくそうだったので 検診に。
歯、歯肉の状態がたいへん悪く、膿が鼻にいってしまっていました。
歯茎の穴を 口内の皮膚でふさいでいますので
若干皮膚がつれています。
アビは去年から左口が上にあがっています。

外耳炎を時折り再発させます。
耳をかくしぐさがその現われです。点耳薬を耳にぽとっと落としてあげてください。

週に何回か、イヤークリーナーを耳に落としてくだされば、
再発は少なくなると思います。


DSC09082.jpg DSC09094.jpg 

猫じゃらしは大好きです。
目をキラキラさせて飛びついてきます。
こんなに どてっとしていますが
若い猫と同等に遊びます。

DSC03287_20150318082510e9e.jpg 

猫のくせに からだが硬い?です。
この体型のせいなのか、人間なら自分で靴紐が結べないって感じでしょうか。

トイレのあとになめないので、2mmくらいの黒いかたまりを
お尻にくっつけてますので、ティッシュでとってあげてください。
それもちょっと楽しいお世話です。

しっぽは ほとんどありません。
おしりのうえにしっぽの残りがあるような体型です
生まれつきだそうです。
おしりあたりは、アビゲイルのチャームポイントです。

抜歯してから食べやすくなったのでしょうか。
現在体重5500g!
肥満ではないけれど、ちょっと脂肪が多いレディです。
ドライをよく食べています(現在アズミラです) 
病気の経験はありません。




最初は、しばらく人見知りすると思います。恐がりさんです。
なつくまでは、それなりの時間を必要とするでしょう。

でもその時期を過ぎれば、いつでも人の気配のある部屋にいたがり、
おそばで人の気配を感じていたがる子になります。
暖かくみまもっていただけるなら 
一対一の対等の静かな優しい関係を築けます。

臆病だからこそ と わかってくださる方を待っています。

恐がりだったから、生きてこられました。
甘えたい気持ちはたっぷりあります。
それは日に日に伝わってきます。


長生きしてくれそうです。
ですので、里親さん募集をさせていただきました。

保護猫ではなく飼い猫として、「アビ、あなただけ」と言ってくださる方と、過ごさせてあげたいのです。
よろしくお願いいたします。


わかって治療したものは耳と口内ですが推定10才と言ってもよいシニアです。
いずれ新しい病気が判ることも、かかることも、あります。

でも
病気になった高齢猫がどんなに神々しいか

薄幸だった猫が、本当の愛を得たとき、いかに懐の深い存在になるか。


保護宅ではどんな猫も受け入れ、慕われてきました。

辛いことしかなかったこの子の人生の最後の1ページを輝くものにしてくださる、
終の棲家になってくださるご家族を探しています。



****************************************

※完全室内飼育をお願いいたします。
脱走防止に関する対策等、猫が安全に生活できるように配慮をお願いいたします。

※一時の感情ではなく、終生命を全うするまで責任と愛情をもって飼育してくだい。

記号同棲カップル、シェアハウス住まい、乳幼児のいるご家庭には譲渡をご辞退しております。
 



シニア猫だからこその良さもあります。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

 アビゲイル(2013.4保護)

0 Comments

Leave a comment