アナスタシア ー猫の家族探しー

東京都足立区を拠点に飼い主のいない猫の避妊去勢手術と里親さん探しをしています。

大熊メモリーの一年後

ライン 4    

2011年 9月18日は

大熊メモリー、通称メモたんが

K様のおうちに 

迎えていただいた日です。



メモタンは

私には 最初の被災地の猫でした。

12月まで 大熊町で

生きてこられたなんて と

思ってたけれど




今も

かろうじて

生きている猫

探している家族、がいる。



Lさんと

メモリーには飼い主がいると

チラシを作って配布したりしたけれど

似ているといわれたことはあっても

違っていた。



そういうことを


メモたんは

胸のどこかに しまって

Kさんのおうちで

チビちゃんになって

暮らしてる。 


チビメモタン 



へそ天姿が

一番好き。




チビは元気です。



元気に、

まだときどき定期的に4~5日間連続で

布団の上にオシッコをしてくれます。



ひょっとして不妊手術がなされていないのか? 

同居猫がいるせいなのか? 

室内飼いに馴染めないのか?

はたまた放射能のせいなのか????


 といろいろ考えましたが、

私にはもうわかりません。(ll゚д゚ll)



わかったのは対処法(掃除法)だけです。

敷布団を防水シーツで完全にくるむ、

これですよ。
 


でも、

この夏は写真のような寝方で過ごしておりますし、

リラックスはしてくれていると思うんですけどね……。 




まると同じく客人が大好きで、

客がくると

いつもテーブルのど真ん中に寝そべっています。

女性たちの人気者です。

ご安心を。




チビメモリー 


飛ばない

モモンガ? 


チビちゃん よかったね




 ライン 4

猫の里親を探す会@亀有

次回は

9月23日(日)です

クニマサちゃん 


(里親会 ebiちゃんが保護中)

ライン2 


KONOKOSAGASITE.jpg    

 ライン2     

   
現在、 「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災 の

製作費にあてるべく寄付を募っています。


関連記事

 祝大熊メモリー・あーちゃん・ふうき・クロム(警戒区域)

0 Comments

Leave a comment