Welcome to my blog

アナスタシア ー猫の里親さん探しー

Article page

パブリックコメントの結果

Category - ご挨拶・ご報告
5月21日締め切りの 通称【猫カフェパブリックコメント】 結果が報告されました。


販売業者、貸出業者又は展示業者が、

午後8 時から午後10 時までの間に、

成猫(1 歳以上のねこをいう。以下同じ。)を、

休息ができる設備に自由に移動できる状態で展示する場合は、

平成26 年5 月31 日までの間は、

当該成猫に関して、改正省令等のうち夜間展示規制に関する部分を適用しない。

+環境省のPDFです↓

http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=19992&hou_id=15245


【環境省コメント】

今回の改正は、犬ねこの夜間規制のうち、

「成猫が休息場所に自由に移動できる状態での展示」については、

成猫の生態等に鑑みると一定の配慮が必要であるため、一定の経過措置期間を設けたものです。

今後本経過措置期間中に規制のあり方について

さらに検討を行い、適正な取扱いを推進してまいります。



◆寄せられた意見を黒 それに対する環境省のコメントをにしました。



改正省令案等に反対 (時間延長に反対)


 【長時間の犬及びねこの展示については、

 先の改正により、その途中において展示を行わない時間を設けることが義務づけられたところであり、

 本経過措置の間であっても対象事業者は当該規制の対象となります。】





*改正省令案等に基本的には賛成だが、猫カフェについて夜間の展示時間規制は必要ない.


 【動物愛護管理法では、営業時間外においても、動物取扱業者に対し

  飼養する動物の適正な管理が求められています。】






そもそも猫カフェについては、夜間展示規制も経過措置も必要なく、規制対象から除外して欲しい

 【夜行性の個体であっても、夜は暗所で活動するのが本来の習性に合致するものであり、

 照明や店舗内の音楽、顧客との接触等により、

 当該動物に一定の影響を与えるものであると考えます。

 そのため、一定の展示規制が必要であり、

 それは他の動物取扱業と猫カフェとで異なるものではないと考えます。】


*閉店時間を早める事によって経営が圧迫されれば、

 却って猫の餌代や医療費などを捻出できなくなり、

 猫の飼養環境が悪化する恐れがある


 【今回の規制時間は、人間のライフスタイルに合わせて設定したものではなく、

  犬猫への影響を考慮し設定したものです。】
関連記事

Category - ご挨拶・ご報告

0 Comments

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  まとめtyaiました【パブリックコメントの結果】
  • 5月21日締め切りの 通称【猫カフェパブリックコメント】 結果が報告されました。 販売業者、貸出業者又は展示業者が、午後8 時から午後10 時までの間に、成猫(1 歳以上のねこをいう。以下同じ。)を、休息ができる設備に自由に移動できる状態で展示する場合は、平成26 ...
  • 2012.05.23 (Wed) 01:13 | まとめwoネタ速neo