アナスタシア ー猫の家族探しー

東京から TNRと里親さん探し

ウメちゃん*幸せの第一歩

ライン2    


ウメちゃんは 約半年 ちゅう家にいました。

ちゅう家の 多くの猫の中で

猫の一生を 過ごすには

幸せのはずがないから

自分なりに 一生懸命

里親様を 探しました。

どういうご家族とのご縁が

双方共に幸せになれるのか・・



10日の土曜日に 迎えてくださったご家族は

おかーさんが

何回か 里親会に通って

おとなねこでも 幸せじゃなかった子を

迎えましょうと思っていたそうです。


でも、おにーちゃんは

そんなことはできない。

里親会で 目が合った子と

そこでさよならなんてできない。

一度きりだと言ったそうです。


幸いウメちゃんは 

ケージなんかに閉じ込めるなよーと

ほっくりほっくりしてて

おにーちゃんの

「ウメちゃん」って呼ぶ声に

「なに?」と応えたんです。
 
(邪魔しないでっ だったかも?)



呼んで応えてくれた子は

もう、縁であると。

そういうご家族です。

おとーさんは「ウメたろう」と

まだ迎えていないのに

既に呼んでくださっていました。 


20111226 003 

ウメちゃんは

ずーーーーーーっと 

幸せです


いつか

おともだちも 

迎えてくださるそうですよ、ウメちゃん


お名前も そのままに。


最初は 淋しいけど

がんばれ。



T様、おにーちゃん、

どうぞ どうぞ よろしくお願いします。


ちゅう夫  ちゅう       
  



  
猫の里親をさがす会  @亀有

3月 18 日
  開催  (雨  中止)  
 

   
ライン2        
 

ねこひと会バナー  
 
         
慈しんでくださる保護ご家族 を  待っている  ねこたちが います   
 

ライン2 

三郷公園

猫の殺傷が続いています。 

10代らしいので

 おかしな行動を見かけたら

110へお願いします。


ライン2


被災地リスト     
     
第4便も作製してくださっています  

探し続ける飼い主さんのところに

絶対に帰らなきゃ

      
           
ライン2 

猫様仕様の マンション80㎡

武蔵小杉の4LDK  
 
外ドアの内側に 贅沢な 特注木製猫柵があります。

   (これが特にいいのです)

メールをいただければ 

ご本人に お繋ぎいたします。  

 
ライン2  

半年でも、もっと短くても

一緒にいる間は

自分の子と同じで

大切な家族の一員です。


保護猫といえども

離れがたいものです。



人を恐がる子なら

包容力のある大人のご家族に。

少しずつの変化を

楽しんでくださる

成熟したご家族に。



大事な子だから。

このご家族なら万全と思って送り出します



ちゅうが飼えないから

お荷物だから 

里親さん探しをしているわけではありません。



被災地の猫でも

都内の猫でも

外よりいいだろう、

うちにいれてやってる、

もらってやる、

なんて思わないで。





懐くってなんだろう。

自分の思うようになる猫のこと?


懐かなければ

返す、戻す、捨てる 放棄する・・





猫は玩具でも癒しの道具でもありません。




関連記事

 祝くろぽん(ウメちゃん)

4 Comments

ディア・ママ  

ウメちゃん出発したんですね。
新しい環境に慣れるまでは不安で鳴いちゃうかもしれませんね。
彼女の瞳に映るもの全てが美しく楽しいものでありますように☆

人間も犬も猫もカエルだって、みーんな大切な命ですよね。
自身の満足のためにその命が存在していると勘違いしている愚かな人間が減ることを祈ります。

ちゅうさん、いつも尊い命のためにありがとうございますv-300

2012/03/13 (Tue) 01:06 | REPLY |   

ちゅう*  

Re: タイトルなし

◆ディア・ママさん ありがとう!

クローゼットの箱の上のすみっこに入り込んで
夜明けには誰かを探して泣いていたようです

ウメちゃんは、ほとんど鳴かない子ですが
不安になるとずーっと泣いています
そういうことを思い出すと ちょっとね(笑)

でも、こむぎーちゃんと同じで、
大人の包容力のある方にお願いできたので
安心しています

自分のことしか考えない、
自分の都合にあわせてもらうことに慣れている人、
年齢も職業も関係ないんですよね。

育ち方だと思う。
教育っていうより、親や関わった大人の力量かなぁって。


16日、調布のコンサートのお手伝いだそうですね。
いっぱい買っていただけますように。
それから被災地の動物への想いが広がり、深まりますように
いつもいつもありがとうございます。

2012/03/13 (Tue) 15:45 | REPLY |   

なーご  

おにいちゃんの

目が合ったら、
縁があるんだから、
というのがぐっと来ました!
なんというのかな、そういう直感て大事だと思う。
逆にいえば、被災地のこだろうが、地域のこだろうが、
「そのこがいい」んです。
懐こうが懐かないだろうが、それこそご縁なんです。
ものじゃない、人とおなじ。生命、いのちです。
年齢じゃない、若くてもそれがわかっているんですね、おにいちゃんは。
そして、おかあさんは、苦労してきたこ、憐れをわかっていらっしゃる。
それは経験を積まれてきているからでしょう。
それこそ、ちゅうさんの言われる包容力がそれを言わせるんですよ。
ウメちゃん、きっと幸せになれる!
その2ワードを聞いてそう思います。
もう、幸せだね!!

2012/03/13 (Tue) 19:36 | EDIT | REPLY |   

ちゅう*  

Re: おにいちゃんの

◆なーごさん ありがとう

ほんとにね、命と憐れを体でわかってらっしゃるんでしょうね。
こういう言葉は 頭からは出てくるもんじゃない。

なんかね、心が洗われました。

2012/03/14 (Wed) 02:56 | REPLY |   

Leave a comment