アナスタシア ー猫の家族探しー

東京から TNRと里親さん探し

デキちゃん(家族に迎えて下さる方を待っています)

ライン  
  
 20111112_09.jpg   


動いているところなので

ぼけぼけで

わからないでしょうけれど



デキちゃんがウメちゃんを なめてあげて

デキちゃんに 顔をうずめてる

ヨッちゃんです。



20111112_10.jpg 
この3猫ちゃんが

ちゅう家に きて まだ1ヶ月もたっていません。




慣れていない猫は

お話を 重ねて重ねて重ねてからでなければ

お願いしない

と 思うようになりました。

わけあって。



デキちゃんは

 ベッド下から出るようになりましたが

私が部屋に入ったときは

さささささーと 隠れます



ウメちゃん、ヨッちゃんが いるから

出てこられるけど

いないところに

ひとりで 行ってしまったら

いつ出てこられるか

わかりません。



それでも

そういう猫でも

いとおしいと思ってくださる

ユリヤちゃんちや チビハッチ&ナル君のおうちのようなところが

あればいいのですが

そう簡単にはありません。




迎えて下さる方が

大事にしてくださったとしても

そのご家族が

同じように思って下さらなければ

猫の将来は不安です。



しつこくお聞きするのを 躊躇することもあるのです。


でも 聞かせてください。


この猫を

ご家族の皆様が

あなたと同じように

だいじに かわいがってくださるか。



こわがらずに 

いつかは

動き回れるようになる 

人間の愛情に溢れているおうちでしょうか。



20111112_11.jpg 


デキちゃんは


1人では まだ無理なの。



もうすこし

時間を。
  
 
ライン3 
猫の里親を探す会

(主催ルナトンさん)

11月20日待ってます♪ 

ライン3   

11月20日 足立区保健所で 14:00~16:00

猫の行動について 講演会

地域猫の取り組み 講演会

開催します。

ためになりますので、ぜひ 足をお運びくださいね。

ライン3    

<福島の警戒区域の猫たちを救出しています>

   ◆ にゃんだーガード
        
   ◆ ねこひと会   


アルのことを ありがとうございます。


「会陰尿道ろう手術」をしました。

今入院しています。



私の胸の上で眠り 顔をずっと舐めている猫なので

入院がどんなに恐いか 承知しています。


膀胱炎をくりかえすおとこのこ、トイレでできない男の子は

膀胱炎の気配があると思います。



石は膀胱炎から来るものもあります。


炎症で狭くなった尿道を石で傷つけ カテーテルで傷つけ

1mmもない尿道がますます狭くなり 出なくなって 尿が膀胱にたまります。



反省することはたくさんあり、膀胱炎の時に

頻繁にエコーを撮らなかったことも悔やまれます。




今日エリカラつけて退院してきます。

午前中は 3段ケージを 1段にし、消毒してました。

安静が大事だそうです。


男の子のおかーさん、どうか気をつけて。

ありがとうございます。


今夜はメールのお返事できないので、ごめんなさい。


関連記事

 祝くろぽん(ウメちゃん)

8 Comments

きらな  

アル君、無事手術終えられて良かったですね。
術後も順調に回復します様に。

昨日の"だいじょうぶ"、ちゅうさんがいう"だいじょうぶ"はおかあさん達にとって、とても心強いと思う。
きっと信頼するちゅうさんに"だいじょうぶ"と言ってもらえたら安心するはず。

デキちゃんもだいじょうぶ。
ちゅう家にいるのだから、きっとデキちゃんにとって最高の家族がみつけてくれるよ!

2011/11/15 (Tue) 15:44 | EDIT | REPLY |   

猫まんま  

デキちゃんもしやあなたはサビ猫さん??
家のサビ猫は内弁慶のいばりんぼe-263
だから、一人っ子の生活だけど、兄弟がいるあなたなら、
きっと他の猫さんも大丈夫♪
しっかり幸せ掴むんだよe-312

アルちゃん、お大事にi-260

2011/11/15 (Tue) 16:19 | EDIT | REPLY |   

美ぅ  

アル君、アルくーん、頑張りましたね。偉いね、いい子だね。
ちゅうさんからの"大好きだよ"をたくさん受け止めて
ゆっくりいそいで元気になろうね。待ってるよ。
今はだいじにだいじに、ね。

ちゅうさん、我が家も優しい男の子たちがいます。
はい(^^)。ちゃんと気をつけていこうと思います。
ありがとう。

我が家の唯一の女の子は保護した日からベッドの下で
ご飯とトイレ以外、ひとつきはん過ごしました。
忍耐強くあたたかく待つことのたいせつさを教えてくれたたいせつな家族です。
そして今では一番の甘えん坊さん(^^)
こわがりさんは本当はすごく甘えたい子なんですよね。
ごろにゃんのデキちゃんの姿、そう遠くない未来に見れますよっ。
3にゃんみんなに優しいご家族がきっとどこかで出逢いを待ってる。

楽しみ(^^)

2011/11/15 (Tue) 19:53 | EDIT | REPLY |   

ぴあのらま  

私がまだ小僧っ子だったときに友人のお母さんから
はい、って託された長毛の男の子は
尿道結石だけがウイークポイントの仔でした。
うんPもおちっこもするときうなり声をあげてました。
かわいそうでかわいそうで。
でも、頑張って元気になったよ。
アル君も大丈夫。
デキちゃんも大丈夫。
あんなに素敵な目をしてるんだもの。
きっとぴあのと同じ奥手な子です。
ぽーんと扉があいたらきっと怒涛のごとく甘えてくるよ。
ほんとににゃんこって色んなこがいて楽しいね。
ちゅうさん、頑張ってね。

2011/11/16 (Wed) 12:20 | EDIT | REPLY |   

ちゅう*  

◆きらなさん

アルのことまでありがとうございます。
その後、いかがですか?
だんだん近づいてこられたでしょうか。
パンちゃん。


だいじょうぶですか?私のだいじょうぶで(笑)
私にまでありがとうございます。
心強いにゃ。


◆猫まんまさん

え゛? サビですか?デキちゃん。
茶色っぽいところはかなりあるんですが、サビ?
にゃ、にゃ、にゃにゃあんと・・

デキちゃんは、大和撫子。
優しくて穏やかで人見知りしたり恐がりだけど
シャーもパンチもなくて、平和主義の子にゃのよ。

見ているだけで幸せになるんだけど、
そういうわけにもいかないですものね。

2011/11/16 (Wed) 15:29 | EDIT | REPLY |   

ちゅう*  

◆美ぅさん こんにちは
 そうなんですよね。
 迎えるほうに 焦りがなければ 安心できる場所だとわかり
 いつかは出てきてくれるはず。
 それを待っててくれる家族でいられるかどうか
 そういうことをお話できたらなぁと。

 美ぅさんちのネコさんは、みな幸せですね♪


◆ぴあのらまさん
 男の子のこの病気は恐いと知ってたのに
 知っていたから気をつけてたのに
 実際は 知らなかったのと同じです。
 だいじょうぶだよね。 これから先のことはわからないけど
 若い力で 新しい体に順応してくれるはず。

 焦りは禁物ですよね。保護主も。
 どこかで なにかが外れる、それを待ちます。
 その過程が楽しくもあり、深い家族の絆になるようにも
 思えるのですが。

 それも猫がペットではない、自分のためにいるわけじゃない と無意識にでもわかっていないとなんですよね。
 ありがとうございます。

 さーちゃん、あまえんぼ全開?

2011/11/17 (Thu) 15:52 | EDIT | REPLY |   

ぴあのらま  

えーっとお、
さーちゃんは甘えんぼが毛皮まとってるようです…。

2011/11/17 (Thu) 20:37 | EDIT | REPLY |   

ちゅう*  

Re: タイトルなし

◆ぴあのらまさん
 さーちゃんは うちを経由していないけど
 おそらく私の経験の中では、あまえんぼうなんばーわんの女の子です。

 おとこのこには、いっぱいいるけど、おんなのこでは。
 なんばーつーがまりんちゃんかなあ

2011/11/19 (Sat) 20:19 | REPLY |   

Leave a comment