アナスタシア ー猫の家族探しー

里親さん探しの猫たちの紹介と幸せにしていただいている子の近況ブログです。

成功!!(クリーム&モカ) 幸せだよ~の巻


 ちゅう家に いたときは

クリーム & モカ と呼んでいました。





I 様 のおうちに 行ってからは

おばあちゃまが

呼びにくいということで


クリーム & ラテ になりました。




おばあちゃまの

おでこの うえで

バンダナのようになって 眠っていた 仔猫の2猫も

大きくなりました。




110715_2058~01 
 
 
 
うしろのクリームは 
    

 いらっしゃる方たちに

「かわいい、かわいい 女の子~」

と ほめられるそうです





この子達は おとこのこ 兄弟。





110715_2058~02 



I様が 目を離すと

おたがいの おっぱいを 吸ってしまうので

いまだに、

哺乳瓶で ミルクを 飲ませてもらっています。



ふにゃ~

いいにゃぁ~





110630_0107~03 


こうなっちゃうんです。






先住猫には

小桃さんという

れっきとした

(いや、れっきとしたとはいえないけど)

男の子がいます。



だんだん慣れてくると

保父さん をしてくださっていましたが、



どうしても

それだけは

だめ、いやと

逃げ回っていましたのに



とうとう

その日が やってきてしまいました。



I様 いわく


「ねこみを おそわれて」

「あきらめた」




110829_0805~01 

この

小桃ちゃんの 目。





なぜ

こんな

目を

しているか





110829_0806~01 




ラテ 君が

小桃くん に吸い付いています。



小桃君は

たくさんの大型犬の中で育ったり

目も開かない 仔猫を そばで見てきましたが


自分を ちょっと犬系人間 だと思ってるようですし


人間とは 眠らない猫さんだそうです。



でも 

母性のある 男子だったんですねぇ 




   
110829_0809~01 

  
I 様より 




普段から、2匹の顔やおしりを

なめてあげたりはしていたのですが、


まさかそこまでさせてあげるか、

と笑ってしまいました。


2匹にとっては、いつでも甘えさせてくれる、

とっても優しいお父さん(お母さん?)なんでしょうね。



すごいにゃ~

尊敬しますにゃ

小桃くん


ライン3   
   
 
猫の里親を探す会 

(主催 ルナトンさん) 

次回は 9月 4日 


ルナトンさんの ブログ 更新

おもしろいですよ~


ライン3 

  
<  ねこひと会(tanaさん 所属) より  >

* 福島の猫 *  

詳しくは 
こちら   にて お願いいたします。 

大熊町から来た メモリーは

ねこひと会NO 95です。

   
   ライン3  

ディア・ママ が

出張の帰りに 

福島の にゃんだーがーどに お手伝いに行きました。


夕方から 夜まで。


29日は 人手が 極端に少なく

犬の散歩も 1人が しなければならない状況と知り

いてもたっても いられなかったんだと思います。



ちょっとだけ抜粋。 




実際シェルターに行って感じた事は、

やはり人手不足でした。


物資はかなり集まってきていましたが、

一番大切な動物たちのお世話に手が回らないようです。



私がいた時間が短かったせいもあり

全体を見れていませんが、 痛いほど感じました。



保護された動物たちは

食べ物と愛情に餓えています。



もっと一匹一匹に接する時間をもち

心のケアをしてあげたいのに

出来ないもどかしさを感じました。




あとは、お台所1つとっても、日々人の出入りが激しいこともあり、

片付けてもすぐ散らかってしまいます。

シェルター内どこを見てもやることがいっぱいでした。




近いうちにもう一度シェルターに行って

自分なりに何を何が必要か、

効率的にするにはどうしたら良いか、

考えてみようと思っています。



今後日時が合う事があったら

一緒いきましょうね!

その時は、私が車で送り迎えしますよ♪



ライン3 


動物救護 にゃんだーがーど 

     

ライン3


ねこさま王国    (今の福島の犬と猫



ライン3

Lさんに 作っていただいた

メモリーを 預かっていますのチラシ

大熊町役場 災対本部 に 送付しました。


また 後日 ご報告します






♪♪~

関連記事

 祝クリーム&モカ

 福島 にゃんだーがーど

6 Comments

ソフネコ  

無題

ちゅさん、こんばんは。

初めてコメントします。
いつもブログ見ていますが、コメントする
勇気なくて。

被災でした動物達の約にほんの少しでも
役にたちたい、と思いながら何も出来ずに
気持ちを持てあましています。

私、土日だけしかないですし、料理も出来ない。
犬の散歩も初心者。それに超ぶきっちょ。
それでもシェルターでほんの少しでも
役に立てるのか?
お荷物になって迷惑をかけたくない。と
思うと、躊躇してしまいます。

ネガティブコメントになってしまいました。
すみません。
でもまた出来る事を続けて行きます。

ちゅうさんのブログは、本当に胸に響きます。

長々と失礼しました。

2011/08/30 (Tue) 20:50 | REPLY |   

さよ  

ちゅうさん。こんにちは。
いつも、ちゅうさんのブログお邪魔しています。
小桃ちゃん、すごい保父さんぶりに感心しています。
クリーム&ラテちゃんかわいい~ですね!!
やっぱり兄弟は、2匹一緒の方が良いんですね。
・・・チャチャは、タンゴの体重を追い抜きました・・!!
少し、デブチャ!!になりかけていますよ。
気をつけているのですが、タンゴより、食いしん坊ですから。^^

2011/08/31 (Wed) 09:05 | EDIT | REPLY |   

ちゅう*  

Re: 無題

◆ソフネコさん こんにちは

コメント残してくださり ありがとうございます。

ソフネコさんがいじめられていた場所の仔猫を一度に全部保護して
里親さん探しをしているのをブログで見た時の衝撃は 
私は 忘れられません。

ソフネコさんに なにかしてさしあげられないか、と思いながらも
その時は、猫を保護することなんて、考えられもしなかった時でした。

あのお鼻の真上に模様のある、最後までソフネコさんのおうちにいたこのことは
ずーっと心に残っています。

PGでもとてもお世話になりました。

そのソフネコさんが勇気がないとか、お荷物になるとか 
そんな人じゃないのは 私はよく知っています。

でも 今の福島の動物たちには 私も同じ気持でいます。
犬の散歩したことないし、料理は手順が悪いし、掃除はうちをして欲しいくらいだし(笑)

ソフネコさん、私も一緒にできることをしていきます。
これからもどうぞよろしくお願いします。



2011/08/31 (Wed) 16:04 | REPLY |   

ちゅう*  

◆さよさん こんにちは
ご無沙汰してしまってすみません。

小桃ちゃんすごいですよねぇ
性格があるんでしょうね。

お迎えいただいたときの あの体格差が
逆転ですか・・すごい。
成長が早くて驚きです。

デブチャさんは まださよさんの足を登ってますか?
折れちゃう~

チャチャちゃんは 兄弟がどこにいるのか
わからないけれど、白玉ちゃんやユリヤちゃんと一緒に
ママのミルクを飲ませてもらったので
私の中では ほぼ兄弟です。

タンゴさんによろしくです♪

2011/08/31 (Wed) 16:38 | EDIT | REPLY |   

ぴあのらま  

↑の

おなかがオバQ、でぶわははははっ!!!
って笑っちゃったじゃないですか。

ディアママさん凄い。
わずかな時間だったのに、ちゃんとそこまで見ていらして。
私は何をすればいいのかな、とそればかり先にたってしまいましたから、
ここ、こんなにちらかっていて、とか
ここはこれでいいのかな、と気がついても他におわれてしまって。
ディアママさんの文章見ておおいに反省いたしました。

ともあれ、シェルターはそんな素晴らしい方々のおかげで日々進化しているようです。
私の行ったときは、もうほんとにどこに何があるのか
もうぜーんぜんわかりませんでしたから。

>ソフネコさん
横から失礼いたします。
私もおおいに躊躇しておりましたから、ソフネコさんのお気持ちはわかる気がいたします。
行ってみてわかることは、少なくとも動物が好きであそこに行ってお手伝いをする方は、
動物にとってとりかえしのつかない失敗はしないだろうってことです。
たぶん、そこが一番重要なのかも。
行ってから、自分のやれることを探すのでも遅くないですし、
行けなくとも出来ることは沢山あります。
えらそうなこと言ってごめんなさい。

2011/08/31 (Wed) 17:14 | EDIT | REPLY |   

ちゅう*  

Re: ↑の

◆ぴあのらまさん

おばQって 今まだわかる人いるよね、ね。

ディア・ママさんへ直メールありがとうございました。
私が間に入るより、お願いしちゃおうと。
ぴあのらまさんも、おかえりなさい。
お疲れ様でした。アップお待ちしています。

ソフネコさんへのメッセージ、ありがとうございます。
そうですよねぇ
犬猫を思っていくんだし、慣れてなければ、ていねいにやらざるを得ないから
時間はかかって申しわけないけど、悪いことにはならないですよね。

行くのが無理な人も(私だったりする)いるから
いけなくてもできることがたくさんあると言っていただくと
波立つ気持も落ち着きます。

2011/09/01 (Thu) 15:09 | REPLY |   

Leave a comment