アナスタシア ー猫の家族探しー

東京から TNRと里親さん探し

ファーファ(9月には迎えて下さるお家を探します)




 2011824 003    



すこしずつ

よくなってきた

ファーファ




このこは

すこぶる猫

でした。




2011824 002 



この子を

ずっと

外においたままなんて


かわいそうなことをしてしまった。






そうじゃないかとは

思ってはいたけど




人が好きだけど

大好きだけど 




待つだけ。
 




なくこともなく。




2011824 004  



ぬくもりの中に

体中を

うずめていたい。




体中で

喜ぶ。 






甘えるというよりも

なにかを

与えてくれる猫。




ファーファが したいことを

すると



人の 心が

ほぐれていく。







疲れた時

ファーファに

会うと

ただ 休まる。



そういう猫。






ファーファの

人を

信じて 

愛する気持が






わたしたちを

幸せにしている
  



ライン3  

同じような 犬が ここにも

さみしかった犬 


福島で保護された がんばったくん犬 のことです。



そして

  ブログ 「アニマルエイド事務局日記」 様 より


福島は、先発隊は今夜、本隊は明日発になります。

送って頂きました沢山のフードを積めるだけ積んでまた行きます。




世間は既に警戒区域の動物に関して、関心が薄れています。

これからもっと関心が薄くなっていくと思います。

それで、もうこちらも限界になり、そのまま終わっていく、なんてことがないように、

しつこくしつこく、情報を発信していきます。




なんか、

もっと、気の利いた事を書ければ良いのですが、

ただ、ひたすらに、警戒区域で見掛けた、あの子にあの子、

どうしたかな、まだ生きているかな、深夜寂しくて辛いだろうな、、とか

あまりにも可哀想で可哀想で、

今、気持ちの余裕が有りません。




世間には悲惨な猫や犬の現場はいくらでもあります。

保健所関連もですし、ブリーダー崩壊も、他にもいくらでもあると思います。

地元の事ももっとしなければと思います。

でも、今はどうか警戒区域の猫や犬たちの事をやらせてください。




私達ができることはほんのほんの僅かに過ぎませんが、

それでも、したいです。助けたいです。

できることなら、皆様を警戒区域に連れて行きたいです。

どれたけ悲惨なことが起きているか、多くの方に知って頂きたいです。

大量虐殺にほかなりません。



あまりにも悲惨な死は公表するのも憚れます。

飼い猫犬を取りに行きたい、野良猫地域猫に餌やりしたい、

そんな住民をどんどん入れてあげればいいのに、

なんで、検問で追い返すのか、

どう考えても憲法違反では。 (8・19)






大熊町から きた メモ

原発から2.5kmのところもあると。


 チャンスの前髪を しっかりつかんだねこ



ライン3


   
 猫の里親を探す会 

(主催 ルナトンさん) 


涼しくて よかったね。

ライン3 

  
<  ねこひと会(tanaさん 所属) より  >

* 福島の猫 *  

詳しくは 
こちら   にて お願いいたします。 

大熊町から来た メモリーは

ねこひと会NO 95です。

   
   ライン3 

     ねこさま王国    (今の福島の犬と猫


ライン3  


みなさま

夏休の 宿題

お疲れ様でした。


関連記事

 ファーファ(2013.7戻る)

0 Comments

Leave a comment