アナスタシア ー猫の家族探しー

里親さん探しの猫たち 東京都足立区で猫の不妊手術と飼い主のいない猫の譲渡活動をしています

ぴあのらま の ぴあの から


ちゅう 家に いた ときの


ぴあの



ぴあの812

かわいくて


かわいくて


たまらない
   

愛らしいこ 






しあわせに なった ねこは どこ?

って さがしたら



「 ここ、ここ 」 って


ぴあのらまさんの そばで くっついて


おしゃべり するはず。






天使に 


なっても。




ぴあのおとーさんと 



おかあさんへ 
 



ぴあの



みえる?
 






おかあさんの


あしもと お布団のなか




おとーさんの



あしのあいだに
 

いるよ~







今日の 朝


ぴあのに 会いに きてくれたとき


おかあさんに ぴったり


くっついたでしょ


 
まってたから


うれしくって


おかあさん 、おかあさん 、おかあさん


って


何回も


 言ったの。





聞こえた? 






抱きしめてくれてるの

すぐ わかったよ。



おかあさんの

においがしたもの。 








ひーん って泣いたら

いつも みたいに

いいこ いいこ って。







 





 


おとーさんに そっくりな人が いたから



おとーさん 


って 飛びついちゃったら
 

神様だったんだって。


 



あれ?











ぴあの通院で泣いた後 


地震の日


おかあさんとぴったりくっついて

動かなかった時

こわかったけど

うれしかったね。




ぴあのだけの

ぴあのだけを

守ってくれる

おかあさんといっしょ




おかあさん




ぴあのは

おかあさんが

だいすき。




おとうさんに 言ってね



足の下に ときどき手を入れてね  って。





ときどき


撫でてね って。



ぴあの は  そこに いるから。

 




ね、


ここは



ずっと


ぴあの と モコナちゃん の おうちだよね。






もうすぐ


モコナちゃんと 遊べるんだって。












おかあさん




だいすき






きこえる?





おかあさん


だいすき





ぴあのが おしゃべりだったのは


いっつも


だいすきって いってたから






わらって


わらって



おかあさん









「ぴあちゃん」

って



もういっかい


呼んで。



だいすきな

やさしい こえで 呼んで。






ぴあの って。













はーい










いってきまーす。









ぴあのちょっとおとなに 


++♪ ~ ぴあのらま♪♪~**

will I ? 2


willi?2 ぴあの








ぴあの



see  you





 
ぴあの外を眺める

  

see you  again


今年1月 ぴあのにご夫妻で会っていただいたのは 

つい昨日のことです。


1月26日に 出発した日、キッチンのすみに入ってしまったぴあのは

私が帰ったら 1時間後には出てきたそうです。

賢いいいこですといってくださったのが嬉しくて。



2回目のワクチンも無事に済んで

そろそろ避妊手術をと考えてくださった3月

手術に向けての血液検査の結果 肝臓のGPTが 通常の倍だったので

手術を延期した日から

ぴあちんの治療が始まりました。



検査、フードのチョイス、日頃のサプリメント。


亡くなったモコナさんは 薬を飲まないネコさんだったのに

肝硬変から3年も がんばってくれたので

ぴあちんはだいじょうぶ

最後に笑いますよと言ってくださっていた。


その時のメール


・・・そんな時になんですが、

週末に手術をする事になり、血液検査をしましたら、GPTの値が倍以上ありました。

肝臓に関しては、他は平常値です。

万一、これが一過性のもので無い場合、

麻酔のリスクは高くなるとの事で手術はとりあえず見送り、

まずは肝臓の数値を追ってみるということになりました。

来週末に改めて血液検査、結果によっては超音波で確認ということです。

レントゲンは撮りましたが、肝臓がやや肥大気味にみえるそうです。


ちょいとばかりショッキングでした。

何故又肝臓?!って。

まあでもまだそうだと限ったわけじゃないし、

肝炎だったとしても、モコナの数値に比べればまだまだ軽いもんだし!

と気を取り直しているところです。

仮に病気だったにしても、早くみつかってよかったし。

そう思う事にします。





ブーブーちゃんの事もありますし、もう少し時間をおいてお知らせしようかとも思いましたが、

どちらにせよ、しばらく避妊出来ないかもですので、お知らせするべきだと思いました。


ま、きっと大丈夫ですよね!

今、私の足元で寝くれてます。

帰宅してからごはんを盛り盛り食べて、ひと遊びして、

ごはんが足りないそうなんで要求され、

最近のお気に入りのメディファスキトゥンを10粒ほど食べてからこの有様です。

全然元気です!


とりあえず、モコナの時に調べた肝臓関係の資料を引っ張り出す事にします。

又報告させていただきますね。

ちゅうさん無理なさいませんように。





モコナさんの治療をしてくださっていた病院の先生も看護士さんも

若いかわいいぴあのを迎えたことを

とても喜んでくれていて。




8月のここ2週間は落ち着き、通院もなく、ゆっくりするはずだったのに

11日夜 昼間からお水ばかりを飲んでいたぴあちんが

吐きはじめたので

急遽深夜病院へ。

そのまま入院となりました。

吐くことは肝臓が悪い子にとっては 重篤なことで・・・




12日 朝7時頃に ぴあのらまさんが 面会に行ったとき

今日一日もたないかもしれないと思ってしまうほど

意識混濁と痙攣がありました。



ご主人へのメールと同じものを送ってくださいました。


お疲れ様です。

今さっき帰ってきました。

今日一日もたない気がします。

連れて帰ろうかと迷ったけど、

本人は意識混濁になっていて痙攣発作がおきていて痛みは感じないそう。


先生が望みがないわけではない、とおっしゃるので

急変したらすぐ連絡してもらうようにお願いして帰ってきました。

脳に毒素が回ってるだろうと。

何がキッカケかわからないけども、急に毒素が体に回ったのではないかと言う事です。

先生から連絡なければ、午後又行ってくる。


様子によっては、てだてがなくなるようなら、連れて帰ります。

なんでこんなに急になんだかわけわからない。まだ1歳にもなってないのに。



 

でも すぐに連絡があり、かけつけ 

ぴあのは ぴあのらまさんの腕の中で

魂を  解き放ちました。




あーー軽くなった って 言ってるんじゃない? ぴあの。





肝臓が悪かったけれど とても元気でした。

ぴあのらまさんのもとでなければ

ぴあのに夏はなかったのかも。


神様がくれた I家での 穏やかな時間。


子守唄を うたってあげてくださいと

ちゅうがお願いしましたら

泣きはらした目と 泣いて出なくなった声で

WIZ の HOME を歌ってくださいました。



ぴあちんのホームは ぴあのらまさんのところ。



肝性脳症でした。




わたしたちは

おとなだから(笑) 

ぴあのは 楽しく暮らせて 見守られて 天使になった


それが

どんなに恵まれていることか わかってる。

短くても幸せな一生だったと 言われることも

よくわかってる。



外の猫と比べたり 被災地の猫と比べたり

それは 

しない。




誰かと比べることなんかしない。


唯一無二の愛する猫












ぴあのらまさんは しばらくお休みしますが

心配してくださっている方に ご報告しなければと。



ちゅうが かわりに

ぴあのの 生きた証を。



この悲しみと痛みを持ちつつも

ぴあのの分まで 他の猫たちが幸せでいられるように、

その手伝いが出来る私たちでいたい。
 


最後に ぴあのらまさんからの 以前のメール。



にゃんこの里親などの活動に興味はあっても、

実際に私のできる範囲は限られています。

でも、その限られている範囲内で、何か出来ないかということはいつも考えています。

考えないではいられません。



これからも、できることはしていきたいし、それを探すつもりです。

まずはぴあのとの絆をきちんとして、

ぴあのが落ち着くまで ぴあのに専念するつもりです。

ぴあのはすでに、私をこの上なく癒してくれてますよ。



こころ同じくする ぴあのらまさん


ありがとうございます。


ちゅう (2011 8 13)



関連記事

 祝ぴあの(2010.11.1保護)

16 Comments

ぴあのらま  

ありがとう

ちゅうさん
に又泣かされちゃった

ぴあのを気にしてくださっていた方たち全てに感謝を。

ぴあの、ごめん、もう少ししたら笑えるようになるから。
少し待っていて。
ぴあの、ありがとう。
そしてごめんね、おかあさん守れなくて。

ちゅうさん
本当にありがとう。

2011/08/13 (Sat) 09:16 | REPLY |   

ちゅう*  

◆ぴあのらまさん

 ありがとうございました。

 いろいろなことを思い出していました。

 幸せだったのは

 保護できた わたしだったなぁって。

 たいへん、たいへん、って言いながら

 楽しかったんだなぁって。

 目薬も楽しかったんだなぁ 今思うと。

 

 15時半

 青い空を 見上げます。


 蝉時雨に送られていく ぴあの。

 まだ ぴあのらまさんのそばに

 心はいるけれど

 からだは 神様に お願いしておきます。

 ちいさいからそーっと抱き上げてくださいって。

 

2011/08/13 (Sat) 14:41 | EDIT | REPLY |   

ディア・ママ  

どんより曇った空だけど、満月だけは隠れることなく輝いていますね
ぴあのちゃんが迷子にならないように

姿は見えなくなっても魂は永遠にぴあのらまさんと一緒です。

びあのちゃんがこの世に生を受け、ぴあのらまさんの家族だったこと忘れません。

産まれてきてくれて ありがとう。
生きてくれて ありがとう。
またお会いしましょうね ぴあのちゃん。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2011/08/14 (Sun) 00:49 | REPLY |   

つう  

ぴあのちゃん
 
あ~、天使になって飛んで行ったのですね。
 
ぴあのらまさんに愛されて、甘えて、たくさんお喋りして・・・
ぴあのらまさんとの絆を、白く輝く羽に変えて出発したのですね。
 
これからは空からおかあさんに甘える声が聞こえるかも知れないな~と、情景が見えるような気がしています。
 
ぴあのらまさん、たくさん泣いて、泣いて、そして笑顔になれますように。
 
ちゅうさん、お知らせ頂いてありがとうございました。

2011/08/14 (Sun) 01:59 | REPLY |   

ひろたん  

そか・・・・・・

こんなに可愛がられて・・・・・

悲しいね・・・・・

きっとさ、ありがとう って

ぴあのちゃん、言ってるよね

優しくしてくれて ありがとうって

朝から泣いてしまった・・・・・・

ご冥福を、お祈りします

2011/08/14 (Sun) 08:37 | REPLY |   

やわにゃん  

また逢える

逢った事も無いけれど…

遠く離れていたけれど…

私や沢山の人を笑顔にしてくれた本当に天使の様な愛らしいぴあのちゃん

本当のママに出逢えて良かったね

沢山沢山愛されて良かったね

優しいママの腕に包まれて溢れる愛に包まれて天へ昇れて本当に良かったね

私はいつも思う…

人間だとか動物だとかそんな区別など本当は何も関係ない…

命と命…

愛する誰かに愛され・惜しまれ・涙を流して貰いながら天へ昇れる命のなんと幸福な事か

そして愛する誰かに幸せな想い出と優しい心を残せるなんてなんと素晴らしい事か

ぴあのちゃん本当にありがとう…

ぴあのらまさんちゅうさん本当にありがとう…

愛する命の為涙を流す事はきっと大事な事…

天へ昇る愛しい命が神様に愛されていた事を報告する為の証…

そして神様に生まれ変わっても愛する人の元に戻りたいと証明する為の証…

ぴあのちゃん神様にちゃんと報告してるかい?

少し休んだらきっと叉帰っておいで…優しい大好きなママの腕の中へ…

2011/08/14 (Sun) 08:58 | EDIT | REPLY |   

ルナトン  

ひとりじゃないよ

モコナちゃんの所にいっておいで。
こっちこっちって呼んでるよ。



「どの子でも救えるならどの子でも」

みんな手一杯な状況で保護を躊躇する中

ちゅうさんはぴあのちゃんに手を差し伸べてくれましたね。

子猫兄弟達のなかで唯一保護できたぴあのちゃん。

お空からもお話ししてね。




2011/08/14 (Sun) 10:48 | REPLY |   

ちゅう*  

Re: タイトルなし

◆ディア・ママさん
 ありがとうございます。

 にゃんだー繋がりの同士ぴのらまさん。
 レオと同じように、1才直前でした。
 これからもぴあのらまさんをよろしくお願いします。

2011/08/15 (Mon) 01:39 | REPLY |   

ちゅう*  

Re: タイトルなし

◆つうさん
 こちらでは はじめまして。

 ぴあちんのこと、見ててくださってありがとうございます。
 かわいいかわいいぴあのでしたが、神様がはないちもんめで連れて行ってしまいました。

 白い羽になった絆はとても強いので、少し休んだら
 きっと精力的に動かれると思います
 その時もどうぞよろしくお願いします。

2011/08/15 (Mon) 01:41 | REPLY |   

ちゅう*  

Re: タイトルなし

◆ひろたんさん ありがとうございます。
 メールもありがとうございます。

 紫陽花の詩うた)を以前読ませていただいたとき、なんて優しい繊細な方なのだろうと
 驚き(失礼)ました。

 ありがとう!ありがとう!って飛んでいきました。

 私たちは 泣きながらでも笑いながら見送ってあげなきゃ、ですよね。
 いつも優しいお気持を ありがとうございます。

 またメールしますね。

2011/08/15 (Mon) 01:43 | REPLY |   

ちゅう*  

Re: また逢える

◆やわにゃんさん
 ありがとうございます。

 ぴあののことだから 神様の前で、ひんひんと
 もういい、少し休みなさいと言われても
 今までのことをおしゃべりを続けてるかもしれませんよ。

 芦田愛菜ちゃんを見るとぴあのを見ているようです。
 あちらでお遊戯をしてるといいなぁ
 ありがとうございました。

2011/08/15 (Mon) 01:46 | REPLY |   

ちゅう*  

Re: ひとりじゃないよ

◆ルナトンさん・・・・

あそこで ぴあのをキャリーに入れてくれたのがルナトンさん。
捕獲器に、のんきに入ったのはぴあのだけだったね。
そうしてくれたのはルナトンさんが猫の鳴き声をまねして、おいしいごはんで
誘ってくれたから。

そして
ぴあのらまさんご夫妻が里親会にきてくださった時、
見守っててくれたのもルナトンさん。

救ってくれて見守ってくれたのに、ね。

ごめんね。

でもぴあのは すっごい楽しい人生だったよ。ね。

2011/08/15 (Mon) 01:49 | REPLY |   

ぴあのらま  

皆様に感謝をあらためて

>ディアママさん
>つうさん
>ひろたんさん
>やわにゃんさん
>ルナトンさん
そしてちゅうさん

皆様のコメントを読ませていただいて
又涙にくれました。
前の仔も、その前の仔も、
送ったときはこんなに泣かなかったのに、
目が腫れるくらい泣きべそかいてます。
ちゅうさんのブログを見て(しかもわざわざ)は泣き
ぴあのがしょっちゅういた場所を見ては泣き、
何か音がすると、あれ?ぴあの悪さしてる?とか思っては泣き…、自分でも不思議なほどです。
もう少ししたら、やっぱり肝臓病の仔を持つ方の少しの参考になるかもしれないし、とぴあのらまにまとめようかと思っています。
その時はありったけの写真をのっけてみたいです。

ルナトンさんはあの里親会の会場にいらしたのですね。
あの慣れない初めての場所で、ぴあのが緊張しているのがわかり、
なでてみたかったけど遠慮して、
でも、ケージごしに見ただけなのに、やっぱりこの仔が欲しい、
と思ったときの顔を見られてましたでしょうか。
ご縁って不思議ですね。

ちゅうさん、もう少し泣いたら、頑張ります。
まずはパブコメしないと。ぴあのに笑われないようにしますね。
でも、ちゅうさん、私を泣かせるの得意でしょ?(笑)

2011/08/15 (Mon) 12:02 | EDIT | REPLY |   

ちゅう*  

Re: 皆様に感謝をあらためて

◆ぴあのらまさん

泣かそうとするわけじゃないけど

ここ、クリックしてみて。

http://blog.goo.ne.jp/bobton/m/201101/1

里親会にいたぴあのをルナトンさんがアップしてくれていたんです。
もう見たかな?

リボンがほどけて、緊張してるね。

わたしも同じです。
涙や鼻水の元が脳みそでないことを 自分に祈ります。





> ちゅうさんのブログを見て(しかもわざわざ)は泣き

あはははは 
こういう( )が好きです。
隠し切れない ぴあのらまさんが出てて♪

はい。パブ米がんばりましょう。

ペットショップの犬猫の価格には表に出てこられない 悲惨な仔猫子犬がいるってことですからね。

肝臓はわからないことが多いです。
腎不全は治療がほぼ確立してる。
でも肝臓は・・わたしもぴあちんになにかと2chを読み、
薬や治療を書き抜いていました。
経験はほんとに力に、参考になります。まねするのではないけど、助けになります。

いつか、よろしくお願いします。

2011/08/15 (Mon) 16:20 | REPLY |   

猫まんま  

神様、ぴあのちゃんを宜しくお願いします。
きっと可愛い天使になっているぴあのちゃん、
ご冥福を心からお祈りしています。

2011/08/15 (Mon) 22:52 | EDIT | REPLY |   

ちゅう*  

Re: タイトルなし

◆猫まんまさん
ありがとうございます
優しい言葉をありがとうございます

ぴあちんは 神様のところで わっしょい、わっしょいって
遊んでほしいなぁ。

♪幸せは空の上に♪(上を向いて歩こう)と思いながらの毎日です。

2011/08/16 (Tue) 17:46 | REPLY |   

Leave a comment