アナスタシア ー猫の家族探しー

東京から TNRと里親さん探し

パック (迎えてくださるご家族をさがしています)

ライン 4   


 

パック 002    

 
光の量を 間違えました


けど 



涼しそうで 

いっか。





パック


紙玉の サッカー

ミルク

ヒモアソビ

ミルク

ネル





繰り返し。



20110712_03.jpg 


ライン 4 



【ぴあのらまさんの 福島シェルター ボランティア 】



一番知りたかったのは

福島のシェルターでの 動物の状態でした。



ちゅう 「 犬猫は どうしてます?」   


ぴあのらまさん 「私が行った時は  犬が15頭くらい、猫は15頭くらいかなあ、

プラス仔猫5匹に

乳飲み子3匹。

前は兎もいたみたい。



   
日々頭数は変わります。







保護されて来たり、一時預かりに行ったり、里子に出たり。



IMG_9969.jpg



<基本ケージで 時折 外に出られるそうです>









滞在中に一匹が二週間入院させようと 

ボランティア獣医さんが 引き取っていってくれました。 



 

自力で水が飲めなくて

シリンジの太いのにポカリを薄めて口にいれてあげたら

もっともっと と 山ほど飲んでくれました。




退院出来て良かったなあ。

(ぴあのらまさんが帰京してから退院) 





一緒に仕事をしていた他のボランティアさんが

心配で しょっちゅう様子を見ていた ジーナというにゃんこが、

今度は入院したとそうです。



食欲なくて寝てばかりいたので心配していたのだけど、

お医者に行けてよかったです。





仔猫たちは二匹里親さんは決まったみたいだし、

乳飲み子は2匹、郡山だかの方のところに移ったみたいです。




IMG_9549.jpg







1匹は、つい先日、寝たまま、朝起きなかったそうです…。

シェルター長、泣いただろうなあと思います。

私も少し泣きそうでした。

少し遊んであげた時に 腕によじのぼってきたこかな、と思ったり。




私の滞在中 保護されたのは、茶白の 1歳未満の猫 一匹だけでしたが、

昨日だか一昨日は 犬猫あわせて 9頭保護 したそうです。


猫部屋は今一杯なはずなので 建築するそうです。

わんこは どのこもわりと健康そうでしたよ。     


【 終 】



行かなくても

想像はでき、 なにができるのかと 考える人もいるし

シェルター、と聞いただけで

重箱の隅のなにかを 見つけようとするような人もいる。


体験者の 話は

ありがたいです。


また できることに 繋がるものね


ぴあのらまさん ありがとう!




このシェルターに支援などをなさりたい人は

メールくださいませ。



 
ライン 4  
  
< tanaさん所属の ねこひと会より お願い >




* 被災地 福島の猫について *


里親になってくださるお気持があり、

 余力のある方(経済的、精神的) 


 ご連絡ください。 


詳しくは こちら   にて お願いいたします。





ライン 4  



 
 
猫の里親を探す会 

(主催 ルナトンさん) 

暑いので 時間変更になるそうです。 

7/10 は 2時半~ 6時まで 


かつら君が 待ってるよ~
 

ライン 4  



関連記事

 祝パック

2 Comments

ぴあのらま  

おはようございます。

ちゅうさん、私のつたないシェルター体験を
素敵にまとめてくださって有難うございました。
こうして、客観的に見させていただくとなかなか見えてくるものもあるなあと感じました。
私にとっては、実際に現地に行って、やれることをやる、
それだけでも凄い事でした。
現地ではもっともっと凄い活躍をされる方が沢山います。
そういう方のブログとかを拝見すると、
自分なんて行っても仕方ないのでは?足でまといになるのでは?行って無理して帰宅してから具合悪くなったらどうしよう?とか、色々私も考えてなかなか行動に移せませんでした。
でも、色々情報が入ってくるのを見ていると
やはり、自分の目で動物たちを見て見たい、その思いが募ってくるうちに、
今なら、ここで行けるかな、とGO!しました。
行って見て、やっぱり他の方たちほど動けなかったけど、
でも少なくとも邪魔にはならなかったと思うのです。
そんなら、そういう人がいてもいいかもね、と
思えるようになりましたよ。(←単純だからー)

さて、私はこれで涼しくなるまではぴあのに専念かなー。

パック、ってちゅうさん、いつも素敵な名前をつけますね!
さぞかし、いたずらものになりそー。(笑)

2011/07/16 (Sat) 10:48 | EDIT | REPLY |   

ちゅう  

◆ぴあのらまさん
 
 この経験談を読んでくださった方が
 この団体に寄付をしたいとご連絡くださいました。

 経験をどこかで発信することで
 ぴあのらまさんの精神が繋がって行くことになります。

 ひとつのことがいくつもに広がっていく。
 人も動物も救われる。
 ありがとうございます。

 パック、ね♪
 ぴあのらまさんならすぐわかると。

 新しいご家族が決まりそうです。
 ありがとうございます。

2011/07/16 (Sat) 16:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment