Welcome to my blog

アナスタシア ー猫の里親さん探しー

Article page

パック (ご家族を探しています)&ぴあのらまさんの福島シェルター

Category - 猫の健康
ライン 4  


巣立った団子りーなたちが

似ていると

まあちゃんが 写真を 送ってくれた

ぴっち。


仁君 と マーガレットに そっくりだにゃ。





写真_1 



左の猫さんは


ヒメちゃんに 似てる~ 


110611_1529~01 




110706_1232~01 


< 正統派 夏の開き >




ライン 4





    20110712_29.jpg 




上機嫌




20110712_17.jpg 


快適

ちゅう おなかのうえ


20110712_30.jpg 



<パック 男の子 560g >


迎えてくださる ご家族を 探しています







おとな の 猫さんは


缶詰に 冷たいお水をいれて 


スープに してみました。 
 




ライン 

<福島シェルター について>

ぴあのらまさんより





朝は7時から散歩、のはずですが


その日は皆さん遅く、30分時間が空きました。



その日郡山市から日帰りで来たボラさんが

朝マックを買って来てくれて

それで朝ごはん。




IMG_7154.jpg


散歩して犬猫ゴハン、ネコトイレ掃除。



その後二名は保護と給餌に出かけ、

居残り組は掃除洗濯片付け。

具合の悪そうなこの定期的な様子見。





シェルター長がちょうどいた乳飲み子の世話している頃、

私はお昼寝させてもらいました。


 (この日の午前中はお天気良過ぎて


私はえらく消耗しちゃいました。

情けない。)





起きたら、居残り組がお腹すいた、というので、

昨夜の残り使用で昼食を又私が作り、

すっかりおかあさん気分です。(笑)





保護組帰還し、彼等の昼飯作って食べさせ、

保護された猫1頭の様子見、

洗濯物とりこみ、整理。






夕方の散歩と犬猫ゴハンの用意までやったら、

在来線の時間に間に合わなくなり、一緒に帰ることになった埼玉の若い彼女と一緒に、

郡山ボラさんの車で郡山駅まで送ってもらいました。





ライン 



ちゅう :「で、感想は ?」


ぴあのらま さん: 「ずらずら書いちゃったんですが、


要するにシェルターの仕事はペット飼いなら、日常している事の延長。

犬も猫も沢山いるというだけ。





ただ、手は足りておらずそれなりに忙しいから、


 
どんどん自分で仕事を見つけてやる方がよいかも。


基本的には

自分のやれる事をやるという ことなので、


私はおさんどんします、と言う事で行きました。




逆に私は散歩は初心者なんで、他の人より少なかったし、

かわりに犬猫食器の洗い物も山ほどやりました。

タオルや敷物の洗濯物も山ほど。





ちゅう:「 うちと おなじことですにゃ」

ちゅう 「 なにを 持っていったんですか?」





自分の荷物は大きめリュック。

カートに人間用食材 をいれて行きました。

事前に寄付するつもりで 

大鍋やら日持ちのするパンの箱やらを 宅急便で送付。


パンはかなり喜んでもらえました。

動物用物資は足りています。





*** 

7/13 追記

ぴあのらまさんが行った時は足りていましたが

今は 猫トイレ、犬小屋、テントなど が不足しているようです。

日々変わります。



主婦:ぴあのらまさんは

物干し場作って~って感じだって。

バスタオルとか、いっぱいなので、場所がないんだって。

***



最も必要なものはどんどん変わるようです。

私はシーツ送ればよかったかなあと思ったかな。




近所の避難所から、預けている自分のわんこの散歩に来てる方がいました。

毎日朝夕来ていて、他のこもやってくれます。


驚いたのは、近隣の方から差し入れがきます。


帰ることに直前は揚げたてコロッケだったし、

電気の検針に来たおばさんとたまたま私が世間話をすることになり、

その人が、

被災ペットの飼い主さんが

なかなか見つからないのを 心配してくれていて、

心をうたれました。






まあ近隣全てに周知、というわけにはいかず、

とはいえ、ご近所さんたちと上手くやっていて、そこは重要かと思います。




保護された子猫はたぶんぴあのと同じくらいかな?

がりがりでぴーぴー鳴いてましたが、

ケージに移されて少ししたらスリスリで、その後爆睡していて、

私はそれ見て泣きそうになりました。






頑張ったね、良かったね、しか言えなかったです。



うーん書き出すと止まらないな。この辺にしておきますね。

参考になるといいけど。


(3回目に続く)




ライン 4  
  
< tanaさん所属の ねこひと会より お願い >


* 被災地 福島の猫について *


里親になってくださるお気持があり、

 余力のある方(経済的、精神的) 


 ご連絡ください。 


詳しくは こちら   にて お願いいたします。

ライン 4  



 
 
猫の里親を探す会 

(主催 ルナトンさん) 

暑いので 時間変更になるそうです。 

7/10 は 2時半~ 6時まで
 

ライン 4  



関連記事

Category - 猫の健康

2 Comments

ぴあのらま  

ひょえー

ちゅうさ~ん、まだ続くんですかあ~?
…はずかしい。

しかし、もちろんシェルターのお仕事も大変だけど、
ぴあのグルメさが大変。
しじみスープで今日はロイカナ肝臓サポートをふやかしてみますね。ちゅうさんの真似してみようっと。

2011/07/13 (Wed) 10:53 | EDIT | REPLY |   

ちゅう  

◆ぴあのらまさん
 ありがとうございました。

 こういうことは、ネット上にはたくさん出ているけど
 私が知っている人の経験じゃないと
 皆さんに伝えようとは思えないのです。

 ネットってどうにでもできるから。

 このシェルターのことも知りたかったんです。
 だから、ちゅう個人的におしえて~と言いましたが
 圧倒されちゃって、これは私ひとりじゃもったいないと
 アップさせていただきました。
 
 あと1回 ご辛抱を(笑)


 うちは、銀スプ15才用の小さい缶を大人4猫で分けました。
 お水もたくさんのめましたし、
 にゃんと、みんな満足そうに、お口をふいていましたよ。
 みんな、いいこだなにゃぁ

 あ、大熊メモリーだけは、不満足だったみたい。
 もっとくれないのかと、ついてきましたから。
 

2011/07/13 (Wed) 14:40 | EDIT | REPLY |   

Post a comment