アナスタシア ー猫の家族探しー

東京から TNRと里親さん探し

4ヶ月  大熊メモリーからも ありがとう

ライン 4   
20110711_23.jpg 

大震災 から 今日で 4ヶ月です。


アナスタシアから 里親さんに なってくださった方たちも


さまざまな ボランティアを 続けています。


皆、今 なにが できるか


できることを 続けています。


20110711_09.jpg 


ねこひと会さんに 救われた

 No 95 ちゃん 

同じような 境遇の 動物が いる 福島のシェルターへ


ぴあの を 迎えてくださった

ぴあのらまさんが

ボランティアに

いかれました。




3回に わけて アップします。


今日は その1回目


ライン 

朝夕のわんこのお散歩の人手が 


足りなくて大変、


と聞き、

始発で頑張り、


それでも到着が 9時半で、

お散歩は終了してました。


ゴハンの用意で 大騒ぎの中に 私到着。






幸い、朝は ボラさん人数 なんとか足りて いたようです。





 わたしは到着してから


まず、

登録して

簡単に説明をしてもらいました。




まず注意されたのが


無理をしない、



食事や水分、休憩はしっかりとる、


ということでした。



私の行った2日は


特に人が少なかったせいか、


抜けるところは 抜いての 仕事になりました。








2日めなどは

私は少し昼寝させてもらいましたが、

やはり一日目は

仕事も覚えるのが大変でした。






散歩の後、


ゴハン、トイレ掃除、

人間住居部分の掃除、

それから人の朝ごはん。



朝御飯は

埼玉から来ていたボラさんが作ってました。




この日は遅くなって11時近かったかも。

ほぼ朝昼兼用だったかな。


朝帰ったボラさんもいました。



その後

洗濯、掃除、夕飯の準備(私が作りました)、

わんこ散歩で

は ごはん、


ネコトイレチェック。

その後夕食、食べながらミーティングも。



適当に就寝。

女子部屋で

寝具は少しあるので借りて寝ました。



女子部屋と居間に、

ヒートしかけているにゃんこのケージが

それぞれ一つづつ置いてありましたが、

寝る時はケージにいてもらいました。

(2回目に続く)

  
ライン



迎えて いただいた ぴあのは


避妊手術のための検診で

肝臓の数値が悪いことが判明。



その後、ずっと治療に通っていただいています。


ぴあのの前に 暮らしていた

もこなさんは

肝臓が悪くて 天使になっていました。



なので、

なぜ、

ぴあの が 肝臓・・・と。




それでも

私は 

肝臓のスペシャリストの

ぴあのらまさんを

ぴあの が 選んだとしか

思えませんでした。




ぴあの に

なにか があったときのことを 考えると


被災地のを 

預かることは 

躊躇してしまう

と 

おっしゃる。



普通は

そこで

終る。



なのに、

とうとう

シェルターに。



思っていたより

ずっと きつい。


メモリーを預かるほうが

どんなに ラクか。



ぴあのらまさん

ありがとう。


20110711_06.jpg 


朝 8時の 大熊メモリーです


今日も 暑いニャ


がんばって いこー



ライン 4  
  
< tanaさん所属の ねこひと会より お願い >


* 被災地 福島のについて *


里親になってくださるお気持があり、

 余力のある方(経済的、精神的) 


 ご連絡ください。 


詳しくは こちら   にて お願いいたします。

ライン 4  



 
 
の里親を探す会 

(主催 ルナトンさん) 

暑いので 時間変更になるそうです。 

7/10 は 2時半~ 6時まで
 

ライン 4  



関連記事

 祝大熊メモリー・あーちゃん・ふうき・クロム(警戒区域)

 大熊町 被災

0 Comments

Leave a comment