アナスタシア ー猫の家族探しー

里親さん探しの猫たち 東京都足立区で猫の不妊手術と飼い主のいない猫の譲渡活動をしています

猫神棚の前のきじまるこ&いちご (ご家族を探しています)

ライン 4


猫神棚の 柱 は おいしいらしい


歯磨きにも なるらしい?



20110216_139.jpg 






なんどめかの チャレンジで 

合流した きじまるこ




20110216_143.jpg 










20110216_144.jpg 



いちごちゃん


ここに おいしいものが 落ちてる。





それは


今 私が かじった 柱の 残り よ。







20110216_147.jpg 




おいしそーな においがするけど





やめときなさい


いまひとつだったわよ。





20110216_151.jpg 






20110216_154.jpg 






20110216_156.jpg 




ほら、ちゃんと ついてきて



そんな とこ 通らないの。





20110216_157.jpg 





よそみしてると おいてくわよ



20110216_158.jpg 




ここから ジャンプして 降りるのよ。


きじまるこちゃん、できる?



******



お座布団式ホットカーペット に 寝ている ルルルの

隣に きじまるこ

その隣に いちごちゃん。



川の字になって へそ天になって 眠っています。



みるくるみちゃん、チビハッチ、ナルちゃんが出発し、

みんなを 探しているような 気配があった ルルルは

今、子猫たちに寄り添われて 穏やかです。







 

かつて こうして 過ごしていたかもしれない 猫が


転居先では 飼えないから と


外に放り出されました。




私たちは 子猫5頭を保護したけれど

おとなの猫4頭を保護できなかった。



とにかく 私たちのごはんの場所にこられるように。

元飼い主に、必ず毎朝ごはんをあげに通うようにというのが 

精一杯でした。


Y田さんが 工事中の 囲いの中を見守り

残された猫の様子を伺い、

Kさんがごはんをあげ ワクチンを打ち。

いつか、ここから旅立とうと、

だから この冬、がんばろうと・・・





 



工事中の 旧住所に 戻りたかったのか、

そちらに 向う姿で

1頭が

車に ぶつかって 亡くなりました。





2月11日。

外に出されたのは 11月27日。




白くて 美しいしっぽの長い 若い猫。


飼い主は ちびまると呼んでいました。


Y田さんが 葬ってくれました。




ライン 4
 ◆ 猫の里親を探す会 

(主催 ルナトンさん)


3月 13 日  開催です。
 
(毎週日曜日 午後2時から5時まで)

 ライン 4
関連記事

 祝いちご&きじまるこ

5 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/03/07 (Mon) 19:38 | REPLY |   

ディア・ママ  

なぜ飼えなくなったから捨てるのか?
なぜ飼育可能な場所を探さないのか?
捨てられた猫さん達は、著しい環境の変化や飢えと寒さで命を落とすかもしれないのに。
自分さえ良ければいいの?

その元飼い主さんに言ってやりたい。
「与えた苦しみは、いつか同じもしくはそれ以上の苦しみになって貴方に必ず返ってくるはず」

2011/03/08 (Tue) 14:37 | REPLY |   

ちゅう  

◆2011/03/07 19:38 さん 

 ありがとうございます。
 あの白い猫です。男の子です。
 とても人に慣れているグレー×白のおとこのこを
 今Y田さんがどうにかしたいと悩んでいます。
 近々写真を撮りに行ってきます。
 見て下さい。


◆ディア・ママさん
 元飼い主に、近々この話をしなければなりません。
 死んでしまったということを知るのはつらいから
 伝えなくていいと優しいY田さんは言っていますが
 私は伝えたい。

 その後に彼女が放棄した猫たちについても
 話してみたいです。

 高齢者と猫のことは、どうにかしなければならない
 もうひとつの問題ですね。

2011/03/08 (Tue) 15:34 | EDIT | REPLY |   

ぴあのらま  

以前、懇意にしている猫好きなカフェの店主さんと、
家族が猫アレルギーになったらどうするか?
という話で盛り上がったことがあります。
状況によっても異なる事を承知の上で出した2人の意見は、
人間が通院する。でした。

捨てる、という選択肢があるのが
今も昔も不思議です。

2011/03/09 (Wed) 16:37 | EDIT | REPLY |   

ちゅう  

Re: タイトルなし

◆ぴのらまさん こんにちは

猫アレルギーって、いずれ穏やかに落着くものと思いますが、
それまでが 耐えられないのかもしれないですね。

生きるものを捨てられる、棄てられる、その精神というか心情というか
想像力の欠如というか、
わからないです。

ぴあのは確かに自分で家族を選びましたね。
そういう気がしている一週間でした。




> 以前、懇意にしている猫好きなカフェの店主さんと、
> 家族が猫アレルギーになったらどうするか?
> という話で盛り上がったことがあります。
> 状況によっても異なる事を承知の上で出した2人の意見は、
> 人間が通院する。でした。
>
> 捨てる、という選択肢があるのが
> 今も昔も不思議です。

2011/03/10 (Thu) 20:37 | REPLY |   

Leave a comment