アナスタシア ー猫の里親さん探しー

東京から猫の里親さん探しとTNR

3月1日に

 ライン 4

sacraさんが 1ヶ月前に こういう ものを

そっと くれた。





「縁、というもの」  角田 光代



今年の1月に知人宅で生まれた子猫が、

4月の終わりにうちにやってきた。

アメリカンショートヘアの雌猫で、トトと名づけた。

びっくりするほど自然に、迅速に、静かに、トトは私たちの生活になじんでしまった。







こわいという感情のまったくない、好奇心旺盛な猫で、

運動能力がすこぶる高い。

ものすごい速さで走り、とてつもなく高いジャンプをする。

ところがうちにきて1ヶ月がたとうというころ、

運動後に口を開けて呼吸するようになった。

何しろ人生ではじめて飼った猫である。




私はまったくわからないのだが、

猫は開口呼吸などしないらしい。

内臓疾患かもしれないと 猫博士の知人に言われ、

あわてて 近所の病院に連れて行った。



生まれつき心臓が大きく、心臓のまわりの筋肉も通常よりかたく分厚いことが分かった。

激しい運動は禁止で、投薬を はじめることになった。



いちばんこわいのは、血栓の詰まりによる突然死だと言われ、

私はそれが、明日が明後日にも起こるような気がして、

どうしようどうしようと狼狽し、

もしこの猫が死んだらと考えて涙ぐんでいた。






が、冷静になっていろんな人の話を聞いてみると、

心臓病を持ちながら長生きする猫はたくさんいるという。




それこそ血栓が詰まり、

もうだめだというところからの 奇跡の生還、

その後十年も生きた猫もいると聞いた。

何より、子猫のうちにわかってよかったのだとみんなが口を揃えて言う。





生きものというものはいったいなんなのだろうと、私はしみじみ考えた。



うちにきてたった1ヶ月、

それでも、その猫がいなくなることが、もう考えられないのである。

猫じゃなくても、犬でも、鳥でも、子どもでも、

自分とともに暮らすと決めた生きものならおなじことだろう。






ともに暮らしたのが、1ヶ月でも、いやたぶん1週間だとしても、

その生きもがいない日々など、もうあり得ない。

そして、たとえば、心臓に問題があるとしても、

その猫じゃなきゃもういやなのだ。

ともに暮らしはじめた生きものは、

一瞬にして代替のきかない存在になってしまうのだと、

私はこの猫におそわった。




動物病院の先生が、こんな話をしてくれた。

動物は、病も寿命も自分で決めて生まれてきて、

そうしてペットとなる生きものは、だれの元にいくか、

だれに飼ってもらうかも、

自分で選んでその家にくるのだ、と。






その話に科学的根拠などないけれど、

でも、そうであったらいいなあと思うし、

だんだん、本当にそうであるような気もしてくる。








人と人のあいだに、縁というものは確実にあると私は信じているのだが、

それとおんなじことが、生きるものと人にもあるに違いない。

猫が我が家にこなければ、

こんなとは気づくこともなかったろう。





この先生のところで処方してもらった漢方の投薬で、

猫の状態はずいぶんよくなった。

私は以前のように涙ぐんだりはしていない。


毎日はりきって投薬し、

走りまわらずとも遊べるおもちゃを日夜開発している。



この猫が、いつまで 私たちといっしょにいようと 決めているのか  わからないけれど、

私たちも、偶然のような必然のような この縁を、

後生大事に守りきることを

いつのまにか

強く決めてしまっているのである。





*********



わたしたちは 

わたしたちよりも ずっとすばらしい 里親様たちに 恵まれてきました。



命を繋いでくださって 


ありがとうございます。






ライン 4

w25_20101226222320.gif     まちねこ家



ライン 4
 ◆ 猫の里親を探す会 

(主催 ルナトンさん)


3月 6 日  開催です。
 
(毎週日曜日 午後2時から5時まで)

 
関連記事

 譲渡会&犬&おしらせ

4 Comments

ねこはんにゃん  

泣ける話ですね

猫さんたちが「自分で生きる時間・どこで生涯暮らすのかを決めて生まれてくる」
縁とはい異なものですね。
僕の家に来たチビハッチ君・ナル君も本当に必然だと思いたいです。
文中にあった代替えは利かないというくだりも、本当にそうだと思います!彼等がいない生活はもう考えられません。

彼等が天寿を全うするまでず~~っと一緒です

2011/03/03 (Thu) 12:19 | REPLY |   

ディア・ママ  

感謝したいます

両親 兄弟 友人 仲間 猫 犬 スズメ etc・・・
すべてめぐり逢えた事自体が凄い奇跡。
自身が引き寄せたか、神が導いたか、定かでないけれど
そこにご縁があったことは確か。

このご縁に感謝し、大切に生きていきたいですね。

2011/03/03 (Thu) 13:00 | REPLY |   

ディア・ママ  

日本語になっていない!

「感謝いたします」って入力したはずなのに
「感謝したいます」になっている!!

よくある(?)入力ミスかe-456

2011/03/03 (Thu) 13:47 | REPLY |   

ちゅう  

◆ねこはんにゃんさん

チビハッチ とナルちゃんは
ねこはんにゃんさんを 選んで(失礼!)いきました。
里親会でねこはんにゃんさんが チビハッチに会ってくださったときから。

そして、ナルちゃんは先代のチビちゃんにそっくりで・・

まだまだ触らせないほどビビってると思いますが
どうぞよろしくお願いします。


◆ディア・ママさん

入力ミス、笑ってしまったです。
ありがとう わざとか?

ターニャやミウちゃんをお届けする時
ディア・ママが捧物をするように、キャリーを
大事に大事に抱えていた姿を よく思い出します。
なぜだろう(笑)

引き寄せた命、頼ってきた命を
涙ながらにつなげてくれたディア・ママを励みに
がんばりまする。

2011/03/04 (Fri) 15:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment